無料でマンガを読む方法や最新話のネタバレ・感想を紹介しています。

無料マンガ別冊GEKIコミック

最新話のネタバレ・感想

はじめの一歩【最新話】1261話 ネタバレと感想!

更新日:

2019年5月15日発売日の週刊少年マガジン2019年24号ではじめの一歩の1261話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事ははじめの一歩【最新話】1261話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

はじめの一歩【最新話】1260話 あらすじ

伊賀から反則技を繰り出され、頭に血が上ってしまっていた間柴。

 

しかし、会場の間柴コールを聞き、冷静で落ち着き、デトロイトスタイルで真正面から伊賀を迎え撃つ間柴であった。

 

反則技を繰り出すしかない状況の伊賀は、体力が消耗している状態でここから攻め続けることができるのか?

 

はじめの一歩【最新話】1261話 ネタバレ 「過去を断ち切る間柴」

第三ラウンドが、始まりピーカブスタイルで突っ込んでくる伊賀を見て、伊賀の後ろにかつて戦った三人のボクサーの影が間柴には、見えていた。

 

その状況を見ていたセコンドの栗田。

 

階級が下である三名の選手は、間柴の苦手なところを突いてきていた。

 

また、体力も僅かだろうし、精神も蝕まれている状況で、導火線に火が付くのは、間もなくだと思っていた栗田。

 

間柴の表情は、怒りに満ちた顔しており、反則技でやり返してくると読んでいた栗田であった。

 

その様子を見ていた青木と木村は、闇に落ちると思っていた。

 

会場で一歩達が見守っていた。

 

そして、間柴は臨戦態勢に入り左腕を大きく振りかぶっている。

 

解説から、「フリッカーが空を切り裂く」と会場全体が、間柴の行動に注目していた。

 

間柴のフリッカーを被弾しながらも、間柴の懐まで飛び込んでいく伊賀。

 

右のショートアッパーで伊賀を弾く間柴。

 

予想外の行動に出ていきた間柴に悔しそうな表情をする伊賀。

間柴が、右を振ったことで左脇腹が空いたので、すかさず左手でドラゴン・フィッシュブローを放ってくるであろうと予測する間柴。

 

読んでいた間柴は、素早く左脇を固め、スウェーで躱し様に、左でショートパンチを繰り出し伊賀の顔面に、打ち込んだ。

 

冷静な判断をしている間柴を見て、驚いている一歩達。

 

ショートパンチを打ちこまれ、ふらついている伊賀を見て、「何やっている!頭をぶつけて体を押し込め」と心の中で思っている。

 

それを見た間柴側のセコンドが、「やめろ、火に油を注ぐな!」と思っていたが、ここも伊賀の行動を見極め、スウェーで躱していく。

 

躱された直後に、肘を打ち込もうとすると、右手でパーリングし、左手でショートアッパーを打ち込んでいく。

 

反則技に対して、全て冷静に対処していく間柴を見て、青木と木村は驚く、一歩は、あの状況で冷静に判断したうえで、反撃している高等技術を見て感心していた。

 

よろけていた伊賀を間柴は、右と左で怒涛のラッシュ。

 

コーナーまで追い込み、セコンドに止められ間柴の勝利が確定した。

 

そして、間柴は、「自分は誰?自分は・・・ボクサーだ!」と自信を持つ。

 

一歩は、勝利した間柴を見て、この人は、世界へ行く人だと思っていた。

 

はじめの一歩【最新話】1261話 ネタバレ感想

改心した間柴を見て痺れました!

 

結果を見ると、苦戦したように感じに見えましたが、過去の自分断ちきり、弱点を克服しましたね!

 

一方で、試合を観戦していた一歩は、リングに未練があるような素振りを見せていたのでリング復帰もありそうですね。

次回は、試合の感想回になりそうです。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.