最新話のネタバレ・感想

炎炎ノ消防隊【最新話】178話のネタバレと感想!

更新日:

2019年6月26日発売日の週刊少年マガジン2019年30号で「炎炎ノ消防隊」の178話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事は『炎炎ノ消防隊』【最新話】178話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

 

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

『炎炎ノ消防隊』【最新話】178話のネタバレ

前話までの紹介

本作は、謎の人体発火現象である「焔(ほむら)ビト」に恐怖を感じながら市民が生活している東京皇国が舞台です。

この謎の現象を解明し、一般市民を炎の恐怖から守るために結成された「特殊消防隊」の活躍が物語の中心になっています。痛快な格闘シーンは少年漫画らしく面白いですが、謎の多いストーリーが物語をより深く興味深いものにしています。

謎の解明と暗躍する敵との攻防など、ハラハラする展開が見所です。

第177話は「不退転」でした。第8隊員達は、桜備大隊長が捕らえられたことを知り騒然となります。

桜備大隊長は、皇国軍に連行されたとはいえ、実質的に白装束に捕らえられたと考えるべきで、狙いはシンラのアドラバーストだと推測します。

桜備を救い出すことは皇国と相対することになり国家の反逆者となってしまうことを覚悟し、隊員は全員大隊長を救うべく戦う覚悟を決めます。

第8の立場が危うい状況、どう切り抜けていくか?

1.囚われの大隊長

第178話は「囚われの身」です。牢獄に捕らえられている桜備大隊長。黙々と筋トレをしています。

見張り役の兵士に遠慮なく水を要求したり、断られると脱水症状で死ぬと冷静に返すなど、囚われの身でありながら平常心の桜備ですが、やはり第8消防隊のことは気がかりのようです。

「火縄、頼むぞ‥」

2.第8消防隊の風評

ニュースで桜備がシンラを拉致・監禁した容疑で逮捕、第8消防隊の隊員はシンラを連れて逃走中と報道されます。すっかり犯罪者となってしまう。

第5消防隊の火華大隊長は、ご機嫌斜めの様子で鎮火に当たっています。部下に、第8と連携していたことがばれており、「第8は今や皇国の背く逆賊」と彼らに手を貸すことをやめるよう進言されます。

浅草でも、第8を案じる紅丸と紺炉が現状を憂いています。悪い方向に統一が進んでしまったと。

3.ジョーカーとの邂逅

その頃第8消防隊は逃走を続けています。リヒトが、自分の素性を告白します。実はある人とアウトローな行動をしていると。

そこに現れたのはジョーカー。一同愕然とします。

リヒトはジョーカーを含め、自分たちを「ダークヒーロー」と称します。ジョーカーは捕まりたくなければついてくるよう進言してきます。マンホールを見ながら「さァ‥闇に堕ちるか決めな」と。

第8はどうなっていくのか?

『炎炎ノ消防隊』【最新話】178話の感想

今話で怖いと感じたのが、世間の印象はちょっとしたことでガラリと変わるということです。漫画の世界でなくとも、現実世界でも同様ですが、ニュースで第八の行動を犯罪として報道されるや否や、これまで第八を評価していた一般の人々は、手のひらを返したように第八のことを逆賊扱いします。

シンラのアドラバーストのことも、普通に報道されていました。アドラバーストを神聖なものとして扱っている雰囲気がありました。結構世間一般に広まっている知識だったんですね。

今後の展開としては、ジョーカーとの関連性が気になります。個人的に好きなキャラクターなので、このまま仲間になっていくことを期待しています。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.