無料でマンガを読む方法や最新話のネタバレ・感想を紹介しています。

無料マンガ別冊GEKIコミック

最新話のネタバレ・感想

Dr.STONE【最新話】101話のネタバレと感想!

更新日:

Dr.STONE
Z=101 「TREASURE BOX」

2019年4月15日発売日の週刊少年ジャンプ2019年20号で「Dr.STONE」の101話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はDr.STONE【最新話】101話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。
絵付きでDr.STONEの最新刊が見たい場合はU-NEXTでチェックしてみてください!

Dr.STONE【最新話】101話のネタバレ

「地球が石化光線をくらって数千年
ククク いつまでもやられっぱじゃねえぞ
いよいよ全人類70億人全員を助け出す……!!!」
千空は海の上に浮かぶ大きな帆船の上に居る。
しかし、人類の復活液は何日かで一人分。しかも奇跡の洞窟は既に潰されている。
だが、千空は言った。その復活液が無限に湧くアイテムが宝島の宝箱にあると言った。
3700年前  人類石化から数年後。
千空の父親は、指輪など貴重な鉱石を含むものを宝箱に込めた。
それは、百物語の詩に乗って未来の科学者の下へ語り継がれる。
ある夜、千空はルリに百物語を聞かせるように言った。
ルリは覚悟はいいかと言い百物語を語り始める。
長く経った頃、ゲンはルリと千空の下へ差し入れを持って訪ねた。
そこで紡がれていた物語はまだその8。つまり一桁だった。
ゲンが見たのは疲弊した千空と百物語を聞かせるルリだった。
ゲンの持ってきた差し入れを飲みつつ千空は言った。
「ルリ。テメーが肺炎でぶっ倒れた原因ってこれじゃねえのか」
「だから巫女はそれだけに一生を捧げる仕事なのです」と笑いながら言った。
千空は改めて、ルリに聞いた。聞きたいのは鉱石のくだりだと。
ルリは語り始めた。
『琥珀』それは太陽の色に輝く透明な宝石
『金』同じく太陽の色に輝く砂 宝箱に眠る
『ダイヤ』透明に輝くとても固い宝石 宝箱に眠る
千空はルリを見据えて言う「白金(プラチナ)は?」と。
再び舞台は船の上に戻る。
金より珍しい鉱石であるプラチナ。
一欠片でも手に入れることとが出来ると触媒にして硝酸が大量に作ることができる。
つまり、復活液が無限に生産出来るということだ。
歓喜する船の上。しかし、少しずつでも作れる硝酸を何故作らなかったのか。
そこの問いはゲンが答えた。
人間の脳が群れでお互いに覚えられる人数は150人。
つまり、グループが機能できる上限の人数がそれに当たる。
そして、現在の人数は司帝国が約100人。石神村が40人位ということは現在150人程度である。
少しずつ復活を増やすと国民はバラバラとなり、誰を助けるかと一悶着も起こる。
しかし、プラチナがあればそれも制限がなくなり一気に復活出来る。
人類丸ごと石化から救いだせるのだ。
そして、本土に残ったルリは千空達が行った海の方角を見て呟く。
『プラチナ』 白金や白銀ともいい月の色に輝く砂 宝箱に眠る
「でもその宝箱ってどこだよ?」クロムが千空に聞いた。
千空が答える。
科学の結晶で大気圏突入の高温ですら耐える無敵の箱。
それは、千空の父親達が乗った宇宙船ソユーズ。
それをまずは探し出すのだ。
その話を聞いていた石神村の男がいた。
大事な話をしなくてはならないと千空に申し出る。
しかし、千空は名前が浮かばない。コハクは彼に名前が無いと言った。
名無しの彼は話し始める。
自分は幼いころに一人で生きて浜辺に流れ着いたところを今の里親が自分の子供と言って育ててくれたそうだ。
本当の名前は石神村では浮きすぎるからずっと名無しで生きてきた。
「オレの本当の名は『ソユーズ』」
そしてソユーズは自分の故郷に眠る宝箱を案内出来るかもしれないと。
その話を聞いて千空は確信し言った。
「宝島は今無人島じゃあねぇ…!」

Dr.STONE【最新話】101話の感想

今回も話がとても濃い内容でした。
しかも、目指す宝島は無人島ではないと。
よく考えたら千空も自力で復活しているのでそのような人物が居ても不思議ではないですよね?ですがソユーズと言う名を持つと言うことは何かしら宇宙船の事を知っている人が居たと言うことにもなります。
謎が深まりましたね。
いよいよ次回は宝島編です。楽しみですね。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.