最新話のネタバレ・感想

Dr.STONE【最新話】135話のネタバレと感想!

更新日:

2020年1月20日発売日の週刊少年ジャンプ2020年8号で「ドクターストーン」の135話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事は『ドクターストーン』【最新話】135話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

これから「ドクターストーン」のネタバレを含む内容をご紹介します。

ちなみに前話134話もまだ読んでいない場合はこちらで紹介しています。

Dr.STONE【最新話】118話のネタバレと感想!

本記事は『ドクターストーン』【最新話】118話のネタバレと感想をまとめた記事になります! ※ネタバレ注意です これから「 ...

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

ドクターストーン【最新話】135話のネタバレ

z=135「COUNTING」

「なぜ生きている貴様!?」

腰を抜かしたイバラの視線の先に、彼を見下ろす千空が居る。

「島全部・・・
全部包んだのに
石化光線でー」

イバラの表情は焦りを含んでいた。

千空は無線を背負いイバラと対峙する。

「ククク んなもん
そこに転がってるテメーの最強石化武器
おありがた~くイタダくためにきまってんだろが!!」

陽気な千空。

だが、確かに彼は石化光線を浴びた。

なぜ、千空はイバラの前に立っているのか?

それは、少し前に遡る。

石化光線が島を包み始めた頃。

(考えろ 回避法を)

千空は仲間と共に走っていた。

石化光線範囲外に逃げるという考えがよぎったが時間的に間に合わない。

ならば予め、復活液に指でもつっこんでおく?

その場合、いったん全部石化したあとで

ワンテンポ待ってからご都合よく解除かかってくれるのか

それとも液が石化自体を阻害するのか。

実験できない以上、正解は分からない。

もし、後者だった場合液に浸けている指先だけ石化免れて腐り落ちて終わり。

そう千空が思案していたとき、横のクロムのスピードが上がった。

「何か閃いたなクロム」

「おぅよ最低のヤベー手をな!」

クロムは走りながら龍水、カセキと言葉を交わす。

「並ぶんだよ 全員同じ幅で!!」

クロムの言葉に龍水は何かを確信し号令する。

「はっはー!
目安はラボカー 一台分
貴様ら前の人間と等間隔で並べ!!」

迫り来る石化光線に立ち向かう。

ラボカーは約5メートル。

「手ェ伸ばせ 光の方によ
指先から石化始まったら反対の手で合図すんぞ!」

緊迫した空気の中、クロムが叫ぶ。

石化光線の方へ手を伸ばし、石化が始まれば伸ばした手と反対の手を上げる。

そして、等間隔でみんなが並ぶと千空の場所まで石化光線が届くスピードが計算できると。

クロムが思い付いた最悪の策だ。

そして、クロムの策が実行されクロムが手を掲げて石化する。

「フゥン 5mでおよそ0.5秒
つまり風速 いや光線速は時速40㎞弱というところか!」

そう言葉を残して龍水は石化した。

「ドイヒー 来たコレ3700年ぶり
そうそう
こんなんだった こんなんだった!
あと頼むからね千空ちゃ~ん!!」

次にゲンが千空を信じて石化した。

「オホホ 知ってるのワシ
千空ならこれで絶対石化突破できちゃうって」

カセキは千空なら託せると思い石化した。

「そりゃしょせん人間の挙げる信号さ
でもねなんかド級の計算で正確な数字出せんだろ
アンタなら!?」

ニッキーは自分に出来ない事が千空にはできると思い石化した。

「伝えるのだ
可能な限り正確に
それこそが俺たちにできる最期の仕事!」

金狼は、千空に伝えるという使命感を背負って石化した。

「ムァアアア クッソ
ブチ殺すぞこの光線
それでなきゃブチ殺すぞ千空・・・・・・!!」

マグマは自らの悔しさを、千空に託して石化した。

そして、託された千空は皆の石化を見て指を立てて計算する。

光線速度は最小二乗法で時速36㎞
即ち、千空までの到着速度はざっくり5.5秒!

質量300g 空気抵抗0.21㎏/m 重力加速9.8として
真上に時速33㎞で投げると0.72秒後に3m到達

復活液を高く投げれば猶予はできるが外したら元も子もない
限界いいとこ3m

自由落下して千空にかかるのは1.8秒後

つまり、千空は4秒後に上空3mまで復活液を投げ上げる。

早すぎれば石化前にかかり

遅すぎれば投げる前に固まる。

ジャスト以外死ぬ。

必要なのは完璧な秒数。

そして、千空は不適に笑う。

「ククク んなもん
生憎こっちは3700年もアホほど地道に特訓済みでな・・・!!」

そして、千空は復活液の入った瓶を投げた。

同時に指先から石化が始まる。

刹那に落下した復活液の入った瓶が千空の石化した手に落ちて
割れると同時に石化した手に復活液がかかる。

石化しながら復活していく。

そして、千空は石化を免れたのだった。

石化を免れた千空は緊張からか、肩で息をついている。

「ーやっぱりな
復活液の解除効果は石化そのものを阻害している」

千空は仮説を立証もできた。

もともと液に浸かっていたらそこだけ石化しなさそうだ。

だとすると、復活液プールに全身潜っておけば石化光線免れる。

しかし、硝酸まみれの液で死んでしまうから現実的とは言えない。

そして、千空は石化した目の前の仲間にハイタッチをし、オオアラシの下へ向かった。

しかし、やはり素手で砕くには固すぎる。

そんな中、イバラの気配を察知して千空は仕掛けをすることにした。

科学王国式のトラップを。

そして、おびき寄せられてきたイバラの前に立ったのだ。

「貴様・・・」

イバラは恨めしそうな目で見ている。

『こっちも科学使いの端くれでな
石化装置なんつうオーバーテクノロジー垂れ流されりゃ
100億%欲しすぎて唆りまくるわ!』

スピーカー越しの千空の言葉に、イバラは目を見開く。

慌てて落とした石化装置を拾おうと、イバラは手を伸ばした。

『あ"ーいい忘れたがな
今テメーが来るまでの一瞬で
グーグル様やトヨタ様やらが躍起になって開発した
超絶最先端の現代技術をクラフトしといたぞ』

千空はニヤリとイバラを見る。

『なんと自動運転カーの爆誕だ・・・!!』

まさかの自動運転AIを手に入れた!!

そして、千空の足元にあるカーボンワイヤーを踏むと色々な所を経由して、ハンドルが引かれる。

すると、ラボカー発進!

「ただしピタゴラスイッチ的なやつな」

しかし、それでも十分にイバラを吹き飛ばした!!

踏んだワイヤーの弾みで飛び上がり、千空はラボカーへと着地する。

ドクターストーンの最新巻をU-NEXTですぐに読む

U-NEXTは31日間無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読めませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでオススメです!

ドクターストーンの最新刊を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

ドクターストーン【最新話】135話の感想

やっぱりでしたが、
復活液を投げて絶妙なタイミングで落下させてましたね!

そして、並んでたのは千空にタイミングを知らせる為でした。

何だか、仲間が信頼して石化する所はジーンと来ました。

そして、いよいよ石化装置が手に入りそうな所まできました

イバラ相手なので油断は禁物ですが、ラボカーに轢かれたので

多分、イバラさん延びてるのでは?

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.