最新話のネタバレ・感想

Dr.STONE【最新話】138話のネタバレと感想!

更新日:

2020年2月10日発売日の週刊少年ジャンプ2020年11号で「ドクターストーン」の138話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事は『ドクターストーン』【最新話】137話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

これから「ドクターストーン」のネタバレを含む内容をご紹介します。

ちなみに前話137話もまだ読んでいない場合はこちらで紹介しています。

Dr.STONE【最新話】118話のネタバレと感想!

本記事は『ドクターストーン』【最新話】118話のネタバレと感想をまとめた記事になります! ※ネタバレ注意です これから「 ...

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

ドクターストーン【最新話】138話のネタバレ

石化したクロムは閉じた視界が光とともに広がるのを感じた。

「千空
テメーが一人つっ立ってるっつうことはつまりー」

クロムはガッツポーズを作った。

「勝ったんだな 俺らがよ・・・!!!」

「あ"ぁクロム
テメーのひらめき様々でな
俺一人ゴキブリ並のしぶとさで生き残ったわ・・・!!」

クロムと千空はお互いの手を強く叩いた。

そして、二人は復活液の精製に勤しむ。

「あとは俺ら科学使いタッグでガンガン復活さしていこうぜ!!!」

「ククク
それも詰め将棋だ
手順間違えっとメシ不足でくたばるぞ!」

そして、二人はスタートした。

まず、二人は空腹になった。

そして、島の食料事情が分かるアマリリスを復活させる。

食料を運ぶためには体力が要る。

なので次は大樹を復活させた。

食料があっても調理法が分からない。

そしてフランソワを復活させる。

そんな時、通信機が電波を捉えた。

「あ"ー 残念ながらケータイ様は電池が青息吐息だ
ルリがかけてきたからソッコーブツ切れた」

ザザ、と音を立てる通信機。

本土からの通信かとのフランソワの問いに大樹が答える。

「おお 皆を心配してかけてくれたのか
さすが元巫女様だなー!」

大樹の言葉にクロムは違和感を覚える。

「・・・本土からいくらヤベーかもって心配してもよ
呼び出してどうすんだ?
邪魔するだけじゃねえか」

クロムの疑問はごもっともである。

どんなに思うことがあっても皆のために18年耐えた女性が
自分が安心するために電話を何度も掛けるとは思えない。

そんな、会話を聞いてたアマリリスは邪推する。

「あの信頼と俺は分かってる感・・・!
ねーえ もしかしてそのルリって娘
クロムのカノジョとか元カノとかそういうの?」

アマリリスはフランソワに耳打ちする。

「いえ千空様の元奥様と伺っておりますが」

バッサリとフランソワ。

「なにいい
いつの間に結婚したのか千空ー!?」

驚くのは大樹。

「3分間だけな
即離婚したぞ」

面倒くさそうに説明する千空。

「どゆこと
どういう関係
千空ルリクロム!?」

パニックを起こすアマリリス。

「んっとだな
そこヤベーほど説明がめんどくせえ・・・」

説明を放棄したクロム。

「ともかくよ!
ルリはなんか連絡あんだぜ
聞かねぇと」

開き直るクロムの意見はごもっともだ。

「ペルセウス号の設備なら双方向通話も
できるかもしれません」

フランソワの答にクロムと千空は同意した。

しかし、、、

ペルセウス号の中は完全に荒らされてズタボロだ。

「クッソ
引っぺがしまくりやがったなアイツら
わっけわかりもしねえで・・・」

クロムは怒り狂う。

「あ"ー お怒り垂れ流してるほど
ヒマじゃねえぞ」

冷めている千空。

「そういや千空が本気で怒ってるのを見たことがないな!」

にこやかに解説する大樹。

「いや怒るわ
聖人様じゃねえわ
ヒマじゃねえだけだ」

どうやら怒りはしてたらしい千空。

「復旧に数週はかかりますね
ならば早速食堂の手配をいたします」

そそくさとフランソワ。

有能すぎて気持ち悪い、

じゃない。気持ち良い。

「ククク
カセキたち続々叩き起こして人海戦術で直しまくるぞ
問題ねえ
どうせ全員に復活液ブッかけんだからよ」

千空は笑顔だ。

「石化装置イタダいたんだ
ペルセウス号
勝利の凱旋航海といこうじゃねえか・・・!!!」

そして、龍水、カセキ、ゲンなど続々と復活していく。

そして、大樹は石化した陽達を見つけるため海へ潜る。

「船の真下だなー!
陽の石像がしずんでるのは」

そこで、見つけた石像を持ち帰る。

「キリサメ・・・」

「敵だろ?
どうするよ 復活させるかさせな・・・」

「んじゃブチ殺しとくぞ」

迷うアマリリスとクロムの言葉を被せるようにマグマが石像を壊そうと振りかぶる。

人殺しに迷いが無さすぎないか・・・?

そんな最中、千空は復活液を迷いなくかける。

光に包まれて、キリサメは復活した。

「イバラに騙されただけだ
コイツはよ」

ニヤリと千空は呟く。

そして、キリサメは虚空を無言で見上げた。

「・・・何が聞きたいの
私を優先的に起こした理由があるんでしょ」

一呼吸の後、キリサメは千空に問う。

「あ"ーそうだ
後宮の石像
テメーならどこに捨てたか知ってんだろ」

千空はキリサメに振り返った。

そして、場所を移す。

「ー 一か八かの賭けだったことに変わりはないのだ!」

「この銀狼の傷 本当に治るのか?」

「ククク
復活液の修復力なめんじゃねえぞ」

二人の問いに、千空は答える。

光に包まれて銀狼が復活した。

金狼とコハクの目の前で。

金狼は涙を浮かべる。

「コハクちゃん みんな・・・」

銀狼はコハクに抱きつこうとする。

「ありがとぉ コハクちゃぁあああん」

コハクの胸目掛けて!

そして、コハクの制裁を受けたのだった。

「おぅ いつもの銀狼だぜ!」

吹っ飛ばされて木に張り付く銀狼を笑って見たクロムだった。

「問題なく治ってるね」

ニッキーもニヤリと見ていたが、端でスイカが震えて見ていた。

そして、コハクは千空を見る。

そして、千空をハグしたのだった。

千空もニヤリとして動かずにそれを受け止める。

「ああぁあ ずるいいぃ
千空だけなんでぇぇぇ」

銀狼の抗議の声の後ろで、キリサメは真っ赤に顔を染めて視線を反らした。

「あーそっか
キリサメちゃんはあの二人 ジーマーで恋人だと
おもってんのね」

そういえば、以前、キリサメの目を欺く為に偽装で二人はキスをした事があった。

「そういうんじゃないハグでしょ
あの二人は」

アマリリスは温かく見守る。

そして、夜になり宴が行われる。

ペルセウス号の光を使って。

千空のコーラを飲む陽。

ソユーズに頭を垂れるキリサメ。

各々に時間はすぎて行く。

「飲もうよぉお
科学チームも!」

銀狼は船内に居る修復をしているチームに声をかける。

「がんばりすぎなんだよ・・・」

その姿を心配そうに見守るスイカ。

しかし!

「来た!来たぜぇえ電波」

クロムが歓喜の声を挙げる。

「直っちゃった
わーい通信装置!!」

カセキも喜んだ。

それを銀狼とスイカは喜んだ。

「あ"ー聞こえてっかルリ?」

早速、千空はルリへと問いかける。

「千空!
ああよかった ようやくつながりました!!」

離れた地でルリは答えた。

「楽しい思い出話は後だ
用件あんだろ 言え」

「えぇ~
スッゴい島でいろいろあっての
元奥さんに久々でしょ?
いいのあんなんで・・・」

あっさりした千空にアマリリスはドン引きだ。

しかし、それが千空というものだ。

「千空 あなたが不思議な通信をー」

そうルリが言いかけた所で、ノイズ音が邪魔をする。

「!!
通信が遮断された
別の強力な電波で・・・」

羽京が驚く。

「別のって!
俺ら以外人間いないはず
それってもう・・・」

ゲンは戦慄した。

「モールス信号か!?」

「ーいや違う」

龍水の問いに千空は答える。

それは人間の声だった。

『12800000m 1second』

スピーカーの声は確かにそう答えた。

「ダメ!!石化装置をー」

アマリリスは慌てて石化装置を遠ざけようとする。

「あ"ーわかってる
死んでもスピーカーと近づけんじゃねえぞ」

千空は冷静だ。

「フゥン
ついにホワイマンのスタンスがはっきりしたな
俺たちを滅ぼそうとしている
これは明確な攻撃意思だ!!」

龍水は険しい顔をしている。

「わっけわかんねぇ
なんで通信で・・・」

クロムが憤る。

「ふざけすぎでしょ
12800000mとか!
なんなのそのクソドデカドイヒーの具合的すぎる数字・・・」

ゲンの疑問に千空は答えた。

「12800000mは 地球の直径だ」

その言葉は皆に突き刺さる。

「・・・いやそれより
問題はそこじゃない
そこじゃないんだ」

正確な耳を持つ羽京は本当の怖さを指摘する。

「あ"ぁ」

それを分かってる風な千空。

そして、冷や汗を纏わせて羽京は口を開く。

「この声は
千空 君の声だ」

伝えられた事実にその場に居る全員が驚いた。

Z=138 『Epilogue of chapter3』

ー 第三章 最終話 ー

「唆るぜ これは!!!」

千空は面白そうに笑う。

ドクターストーンの最新巻をU-NEXTですぐに読む

U-NEXTは31日間無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読めませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでオススメです!

ドクターストーンの最新刊を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

ドクターストーン【最新話】138話の感想

勝って万々歳!!

って訳にはさすがにいきませんでした(^^;

ルリが電話してきた理由は、千空の声で通信が届いたから。

それは確かに電話するわ(^^;

そして、ついに現れつつあるホワイマン。

何故、千空と同じ声なのでしょう?

なんだか、千空が養子である事も絡んでそうなのは私の気のせい?

そして、多分そいつは人類を石化に追い詰めた本人なのでしょう。

石化装置が島にあった理由も、人類が石化した理由も知りたいです!!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.