最新話のネタバレ・感想

Dr.STONE【最新話】136話のネタバレと感想!

更新日:

2020年1月27日発売日の週刊少年ジャンプ2020年9号で「ドクターストーン」の136話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事は『ドクターストーン』【最新話】136話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

これから「ドクターストーン」のネタバレを含む内容をご紹介します。

ちなみに前話135話もまだ読んでいない場合はこちらで紹介しています。

Dr.STONE【最新話】118話のネタバレと感想!

本記事は『ドクターストーン』【最新話】118話のネタバレと感想をまとめた記事になります! ※ネタバレ注意です これから「 ...

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

ドクターストーン【最新話】136話のネタバレ

Z=136 「MEDUSA VS SCIENCE」

「あ"ーイバラ
そりゃ現代人でもねぇテメーは知るわきゃねえわなァ
車の側で遊ぶと危ねぇってよ・・・!!」

千空の仕掛けたピタゴラ的な罠によって
運転手の居ないラボカーはイバラを襲う。

ドグシャァァァ!!!

ラボカーは見事にイバラへとヒットした。

科学王国 VS 石化王国

大将戦一騎討ちは
石化武器(メデューサ)をゲットした方の勝ち

千空は、イバラがラボカーに轢かれた隙を狙い石化武器(メデューサ)を掴んだ!

(どこだイバラは 車体の下か)

千空はイバラを確認し、すぐに掴んだメデューサに向かって叫ぶ。

「3m 3secon・・・」

叫び終わる寸前、イバラの爪が千空を襲う。

千空は左肩を負傷し、メデューサを手放してしまった。

その勢いのまま、イバラは千を蹴飛ばし完全に千空からメデューサを引き離す。

「スッゴい用心深いのよ
おじちゃんは」

イバラは息を切らしながら千空へと向かう。

「当然でしょ
輩の飛び道具警戒して着込みつけるのなんか」

イバラが自らの服を破いて見せたら、ホタテの貝殻のようなガードが服の下から現れる。

すぐさまその着込みは砕け散ってしまうが。

「まさかこんな妖術の攻撃な予想外だったけどネ!」

イバラはニヤリと笑いメデューサを掲げる。

「じゃあ妖術使い君
お望みの大将戦
頂上決戦 一騎討ちといこうじゃないの」

しかし、イバラが千空に視線を再び向けると彼はもう居ない。

「大将が即逃走ネ
腰抜けが・・・」

イバラは呟く。

千空は、イバラにつけられた左肩の傷を庇いながら森を走る。

そして、イバラは千空を追う。

千空が逃げたのは森。

石化装置が投げられたら不可避なのは千空も分かっている。

だから森へ逃げたとイバラは理解した。

森だと樹木に絡んで肝心の石化装置が投げられない。

イバラは千空が腰抜けで逃げたのではなく
枝だらけのエリアに誘い込んだ事を理解した。

そして、千空は追ってくるイバラへ何本かの液体の入った瓶を投げつける。

すぐさまイバラは、瓶を弾いた。

イバラが弾いた瓶は木にぶつかり瓶が割れて中に入ってた液体が木を溶かしている。

(妖術ー)

イバラはそれを見てニヤリと笑う。

「腰抜けじゃなくて罠ネ!
やるじゃないの~」

そして再び、イバラは千空を追う。

(クッソもう
武器になりそうなもんがねえ・・・!!)

逃げる千空を追うイバラ。

しかし、イバラはこの島の住人。

「残念~
罠仕掛けてたのはおじちゃんの方よ
誘導されるフリして開けた場所に追い込めばいいんだから」

千空を追いながらイバラは不敵に笑う。

千空が転けてしまう。

転けた千空が顔を上げるとそこは海。

海哭りの崖だ。

追い込まれた千空。

千空は背中に背負った無線のスピーカーをイバラへ向けた。

「ククク
これはな妖術の武器だ!
テメーも手ぇ撃たれて思い知ってんだろ?
チュイーンと出んぞ
ビームっつう科学の矢がよ!!」

「ハッタリ無駄よ~
おじちゃんネちゃんと観察してるもん!
それはそういう道具じゃない
飛び道具ならとっくに撃ってるでしょ」

イバラは笑いながら人差し指を左右へ振る。

千空のハッタリは見事にイバラに見抜かれた。

「でもネ
妖術相手に近寄るほどバカでもない
言ったでしょ
慎重なのよおじちゃんスッゴく」

一定の距離を保ったままイバラは千空を追い詰めた。

「・・・最期に聞いといたげる
お名前は?」

イバラが千空に問う。

千空の背後には波音が響いている。

(あ"ー時間稼いで
目測で距離見積もってやがんのか)

千空は嫌な汗が滴る。

「5m 5second」

ブゥンと音を立てて石化装置は発動した。

「千空
石神千空だ」

名乗る千空の瞳は追い詰められてもなお、輝きを失う事は無かった。

「あっそ こんにちは
そして永遠にサヨナラ千空ちゃん」

イバラは今度こそ勝利を確信して笑う。

そして、石化装置はイバラから千空へ向かって投げられた。

ゴォォォォ

風の音が響く。

(ん この風切り音)

イバラは僅かに違和感を覚える。

海の音か風の音か、大きな音が響いている。

ここは、海哭りの崖。

イバラはふと、モズの言葉を思い出す。

『侵入者が 海哭りの崖に集まってるってさ』

モズの言葉で、科学王国と石化王国が衝突した。

この海哭りの崖で。

そして、イバラが森で千空を追っていた時に弾いた千空が投げた薬瓶。

一本では無かった。

その内の一本は復活液。

そして、それがかかったのは龍水。

龍水は千空が追われている途中に復活していた。

では何故、龍水は千空を助けなかったのか。

龍水は千空の背中の通信機を見つけていた。

すぐに状況を察した龍水はすかさず、モズと氷月が石化した場所へと走る。

龍水が手にしたのはモズが付けていた通信用のイヤリング。

『次に俺が通信した時がGOの合図』

イバラに追い込まれる寸前に、千空は通信具にそう言葉を託した。

そして、イバラに名乗った。

『千空
石神千空だ』

それは、通信の合図だった。

イバラの感じた違和感は現実に起こる。

千空の背後から何かが飛び上がる。

「はっはー!!!」

それは、龍水が飛ばしたドローンだ。

千空がドローンを確認して得意気に笑う。

「なんだあの鳥はー」

ドローンの存在を知らないイバラは呆然とドローンを見上げる。

「ククク
文字通り頂上決戦になったじゃねえか
石化武器(メデューサ)空中でおあがりた~く
イタダいとくわ!!」

千空はイバラに勝利宣言をする。

「科学王国の叡智の結晶ドローンでな・・・!!!」

千空の言葉を龍水が引き継いで叫ぶ。

そして、ドローンは石化武器(メデューサ)をからめとった。

ドクターストーンの最新巻をU-NEXTですぐに読む

U-NEXTは31日間無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読めませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでオススメです!

ドクターストーンの最新刊を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

ドクターストーン【最新話】135話の感想

まぢでダメかと思ってました。

ここでドローンが来ましたね!!

手に汗握る展開でした!!

そして、唯一のドローンの使い手である龍水を復活できてました!

こんなにどんでん返しの展開になるとは、、、

イバラもしつこかったから、正直先が見えませんでした(´д`|||)

しかし、千空の勝利!!

この展開は本当に良かったです!!

ここからイバラの断罪など、どう動くのでしょうか?

楽しみですね!!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.