最新話のネタバレ・感想

Dr.STONE【最新話】131話のネタバレと感想!

投稿日:

2019年12月2日発売日の週刊少年ジャンプ2020年1号で「ドクターストーン」の131話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事は『ドクターストーン』【最新話】131話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

これから「ドクターストーン」のネタバレを含む内容をご紹介します。

ちなみに前話130話もまだ読んでいない場合はこちらで紹介しています。

Dr.STONE【最新話】118話のネタバレと感想!

本記事は『ドクターストーン』【最新話】118話のネタバレと感想をまとめた記事になります! ※ネタバレ注意です これから「 ...

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

ドクターストーン【最新話】131話のネタバレ

Z=131 「悪りー罪」

「はいはいはい
妖術師通りま~♪」

ゲンの陽気な掛け声とは裏腹に
千空たちはデッキへと一気に掛け上がる。

背後では氷月がモズに一撃を与えていた。

しかし、一撃を与えられてすぐにモズは体勢を整えて階段を昇るゲンへと襲いかかる。

だが、それも氷月に阻まれて叶わなかった。

「千空クンたちを逃がすまいと
私の相手はお留守ですか
それでは勝てませんよモズ君
ちゃんとしないと」

いつものように目を伏せて、氷月は淡々としている。

そして、千空たちは外に出て海を渡り島へと戻る。

しかし、そこでクロムは千空に疑問を投げ掛ける。

「いや逆にヤベーだろ
この島ごと石化光線されるっつうのによ
なんでわざわざ・・・」

「さっき言ったのはモズの手前の方便だ」

さっき言ったのは、という言葉は
モズと氷月が戦おうとした時に千空が
『俺らが離れた方が戦えんだ 行くぞ!!』
と言った事だ。

「氷月が俺ら気にして戦いづらい?
んなお優しいタマなわきゃねぇだろうが」

「「たしかに」」

千空の言葉に対して、全員が見事にハモったのだ。

「ホントはな
島でゲットしなきゃなんねぇもんがあんだよ
ソッコーでそれさえ作りゃ俺らの勝ちだ・・・!!」

千空は何かを確信していた。

そして、ペルセウス号のデッキ。

モズと氷月が槍を持ち対峙している。

そこには、静かに波の音が響いていた。

「んーなら氷月
君の期待通り『ちゃんとしようか』
集中するよ
確かに強い君に」

モズは少し柔らかい表情で氷月を捉える。

氷月は相変わらず目を伏せて様子を伺っている。

(来る 漸く この男の全力がー)

静かにそう感じ取っていた氷月。

「残念
少しでも太刀打ちできるとか思わせちゃったかな」

モズは臨戦態勢を整え、氷月にそう言った。

そして、言い終わると同時に氷月へ仕掛ける。

獣のような表情を纏って、声にならない気迫を槍と共に氷月にぶつけた。

氷月は目を見開き、モズの渾身の一撃を受けた。

場所は変わり、船首側。

イバラはキリサメから、石化装置を受け取っていた。

そこに、海からよじ登ったオオアラシが現れる。

「この『飾り』を持ってー」

イバラはキリサメから受け取った石化装置を指してオオアラシに指示した。

「今すぐネ
島の真ん中まで走って!オオアラシちゃ~ん♪」

「??」

あまり状況が分かってない風のオオアラシ。

しかし、キリサメは気づいていた。

「まさかイバラ様 島をまるごとー」

そこで、頭首が石像である事を知らないキリサメは疑問を抱いた。

「でも!
島中央で石化装置を光らせたら
オオアラシ本人はどうやって逃げるのですか!?」

キリサメが不安の表情を纏ってイバラを見上げる。

「どうでもいいじゃないそんなこと」

イバラはキリサメの欲しい答えを持っていなかった。

「一応ネ妖術使いどもがネ
石化を溶く薬持ってるの
でも保険は張らないと
キリサメちゃんはおじちゃんの護衛に残って
ホラ死んでもいいオオアラシにネ!」

「死んでも良くはありません
それに島民全員の避難がまだ・・・」

「まさか逆らうの?
頭首様のご意志よ!」

キリサメの言葉をイバラは遮る。

その時、キリサメの脳裏に昔の頭首の姿が過る。

「昔 頭首様が聞かせてくれました
石化光線の力を広範囲に濫用してはならないという言い伝えがあると」

それは、幼い頃に頭首様から伝えられた言葉。

「島全体など前代未聞
どう考えても限度を超えた濫用です」

キリサメは、イバラを疑惑の目と共に訴えた。

「イバラ様
それは本当に頭首様のご意志なのですか・・・?」

キリサメの視線は真っ直ぐにイバラを射ていた。

「うおおおおおお
見ろみんなー!!!」

同時に、島から大樹たちが叫ぶ。

掲げられたのは、かつて頭首だった石像。

「頭首は石像だー!!!」

大樹の渾身の叫びは、島民に響き渡る。

「ここここれなら
みんなにだってきこえるんだよー!!」

スイカはハラハラしながら見守る。

「でも疑うかも
もっと近くで証拠見せないと!」

ソユーズが背中に頭首の像を背負い様子を不安そうに見守る。

そして、頭首であった石像を見たキリサメ。

「イバラ様
これは一体・・・」

キリサメは対岸の頭首の方からイバラへと振り返った。

しかし、イバラは石化装置を持っている。

1m(ワンメーター)

1second(ワンセコンド)

イバラの手から放たれた石化装着は妖しく発動する。

キリサメがすかさずそれを取り替えそうと手を伸ばす。

あと少しで手が届きそうな時、キリサメを嘲笑うかのように
石化装着がカチっと光を放った。

石化装着の光は、キリサメを巻き込み範囲を小さくして発動した。

オオアラシは、巻き込まれまいと海へと飛び込む。

「イバラさ・・・いや」

キリサメは石化しながらも叫んで思いをぶつける。

「イバラ 貴様・・・!!」

しかし、女戦士キリサメの思いは届くことなく石化した。

石化した顔からは悔し涙が流れていた。

「バイバーイ
今まで忠実な労働ありがとネ
キリサメちゃん」

石化したキリサメを嘲笑い見下ろす。

「おじちゃんも残念
しょうがないよネ
『知っちゃった罪』だもの」

キリサメは静かに海へと落ちていく。

それを見た大樹たちは、石化光線の驚異から逃げるために、陸へと逃げようとする。

まだ、イバラの手には石化装着がある。

「あとはこれで
あの輩どもを石化して
ハイおしま・・・」

イバラは大樹達を石化しようと思案するがしかし。

トゥーン!!!

言い終わるより早く、大きな音が響き渡る。

「!?」

「なんの音なんだよ・・・!?」

羽京とスイカは海を振り返った。

「?何がー」

イバラも突然の出来事に驚く。

しかし、視線を落とすと自らの左手の掌に穴が空いていた。

海からは、煙を吐いている銃が覗いている。

「イバラ
お前には黙秘権がある」

銃の弾は残り3発の所を空とモズに放ってた為、
それが最後の一発だった。

「ウェエエイ
これ言ってみたかったんだ
ここでの発言は証拠として・・・
んとなんだっけその後
暴行罪?公務ナントカ罪?
わかんねーなんでもいーや」

モズによって海に落とされた陽は、イバラを捉えていた。

「とにかく悪りー罪で逮捕する!!!」

イバラの手からは石化光線が海へと落ちていた。

「ヴォアアアアアアアアア」

科学の鉄槌にイバラは言葉になりきれてない叫びをしていた。

ドクターストーンの最新巻をU-NEXTですぐに読む

U-NEXTは31日間無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読めませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでオススメです!

ドクターストーンの最新刊を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

ドクターストーン【最新話】131話の感想

陽、いい仕事しました!

正直、もうダメかと勝手に思ってました。笑

ここ最近は、最後に次はって思う展開が続いていますね!

とてもハラハラします(^^;

そして、千空が勝利を確信しているそれ。

島にあると言って戻っていきました!

それとは何なんでしょう、、、

石化しようにも陽によってイバラの手からは石化装着は離れてしまいます。

あとは、千空の一手に掛かってきますね!

そして、モズの本気。

恐ろしすぎる、、、

あの氷月にも一撃を与えてしまうとは、、、

今までどんだけテキトーだったんだよ。笑

しかし、やられっぱなしでもないと思うので反撃はあるでしょう。

次はどう進むのか、、、緊張が続きますね!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.