最新話のネタバレ・感想

Dr.STONE【最新話】126話のネタバレと感想!

投稿日:

2019年10月21日発売日の週刊少年ジャンプ2019年47号で「ドクターストーン」の126話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事は『ドクターストーン』【最新話】126話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

これから「ドクターストーン」のネタバレを含む内容をご紹介します。

ちなみに前話125話もまだ読んでいない場合はこちらで紹介しています。

Dr.STONE【最新話】118話のネタバレと感想!

本記事は『ドクターストーン』【最新話】118話のネタバレと感想をまとめた記事になります! ※ネタバレ注意です これから「 ...

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

ドクターストーン【最新話】126話のネタバレ

Z=123 「三次元の謀略」

決戦場は海哭りの崖

波や風の音が響いててうるさいところだから
ドローンの音くらいはごまかせる

最終決戦はすぐそこだ。

「侵入者のフード戦士たちが海哭りの崖に集まってるってさ」

モズほキリサメの後ろで淡々と見ている。

「あー!?
即行くぞフード野郎 ブチ飛ばす!
このオオアラシ様のミラクルパワーに
モズ&キリサメまでいりゃ負けるわけもねぇ!!」

オオアラシが進む中、イバラの顔は険しいものだ。

「敵がみんな来ちゃうんだよ?
こっちはこんな少なくちゃやられちゃうんだよ・・・??」

「あ"ー
ガチでバトりゃ100億%ボロ負けだわな」

フード戦士に紛れるスイカは敵の多さに驚く。

千空はその言葉を否定はしなかった。

「確認しとくぞ!!」

千空の言葉とともに下の崖では波を打つ。

千空たちが勝つための『絶対条件』は
敵に『石化装置を投げさせる』ことだ

投げてくれなければ空中戦も何もない。

ドローンで空中特攻して石化装置を絡めたら
ラボガーに隠れているパワーチームが引っ張る算段。

フード戦士から離れた茂みに龍水が待機。

そして、別の茂みにはパワーチームが待機している。

「最後は奪った石化装置と
陽 貴様の銃で制圧する!」

「ウェーイ
任せな!!」

龍水は隣の陽に確認をする。

最も危険なのは第三勢力であるモズ

味方なのは最初だけで科学王国サイドが石化装置を引き寄せた瞬間

モズは皆殺しを狙う最強の敵に豹変する。

今からこの決戦の舞台に現れるのは

侵入者の殲滅を狙う『石化王国』

その石化装置を奪りに来た『科学王国』

装置もろもも消したい『最強戦士モズ』

「始まんぞ
三つ巴の最終決戦がよ・・・!!」

千空はフードを口元まで上げた。

多くの槍の影が、千空達に近づく。

「きき来ちゃったんだよ・・・・・・!!」

スイカは震えてそれを見る。

朝日を背にフード戦士は槍を持って立つ。

そこに現れるのは、石化王国の戦士たち

中にはモズ、キリサメの姿もある。

先頭にいるのはオオアラシ。

オオアラシはかつて闇討ちをしてきたフード戦士の姿を金狼と重ねる。

「ミラクルパワー
リベーンジ!!」

オオアラシは怒りに身を任せて突進した。

「ヤベー
ソッコー特攻来やがった!!」

「向こうにしちゃ実は力押しが最善手だからな
こういう時は雑頭がアホほど強ぇ
大樹で知ってたじゃねぇか
クッソ・・・・・・!!」

怯むクロムに焦る千空。

「任せろ」

しかし、金狼は冷静だった。

ーそう今度はつまらん買収などのためではない

真の闘いの為に俺の為に

科学王国があつらえてくれた

金狼の槍は、太陽の光を弾く。

「この太陽の色に輝く金の槍で俺が護る・・・!!」

金狼の槍は一気に加速してオオアラシを襲う。

間一髪で避けたが、金狼の槍はオオアラシの面飾りを砕く。

間髪入れずに金狼はオオアラシ達を襲う。

「相っっ当強ぇぞこのフード戦士!」

「んだから言ったじゃねぇか
俺ら闇討ちくらって最強だったってよ!!」

怯む石化王国の戦士に、羽京は弓矢を放つ。

矢は正確に、石化王国の戦士の顔の近くにある槍に突き立てられた。

そして、千空は光を纏う。

「うぉ眩っ」

「見えね・・・」

「クッソ
こっちは妖術かよ 光のー」

使ったのはただの手鏡だが、欲しいのはハッタリなのでこれで十分。

モズは一番戦力になりそうもない女性陣に指で来いと、合図する。

疑問に思いつつ、スイカ、アマリリス、杠は槍でチョンとモズの槍に当てると

モズは盛大にぶっ飛んだフリをする。

その様子に周囲は驚く。

1対100でも倒れそうにないモズが簡単にぶっ飛んだのだから。

「んーキリサメちゃん
オオアラシたちが言ってた通り
相当強いよこの侵入者フード軍団」

モズは背後のキリサメへと問いかける

「投げたほうがいいね 例のやつ」

ふと、背後に視線を投げかけてモズは不敵に笑う

キリサメは胸のポケットに手を入れる。

「みんな目を閉じて
ここまで頭首様のお力が来る!!」

その言葉に千空は緊張が走る。

石化王国の戦士は目をつむり伏せる。

待機していた龍水からはベストポジション。

モズはゆっくり離れる

モズはシミュレートしていた。

石化光線のエリア外かつ侵入者の連中まで一足飛びに届く位置

侵入者の君らも馬鹿じゃないから

妖術で俺を止めようとか思ってんだろうけど

もう洞窟で見せてもらったからさ

妖術は押したり引いたり

必ず指で一瞬の操作が入る

それ知ってれば居合いの一振りで操作の瞬間

首飛ばすだけだよね

モズは自信満々に笑う

「勝ちだよ俺の」

キリサメは投げようと振りかぶっている。

脳裏に過るのは、イバラとのやり取り。

『ねぇねぇちょっと侵入者んとこ行く前に
キリサメちゃ~ん』

イバラは何かを言ってキリサメに渡す。

同じ頃、イバラは石化王国のアジトに居る。

「あれ珍しいイバラ様
耳飾りなんて」

通りすがりの女性にそんな言葉を掛けられる。

「ああコレね!
アリでしょイイでしょ」

陽気に答えるイバラ。

「おじちゃんが最強なわけはね~
圧倒的な兵力持ってもなお慎重すぎること」

かつてイバラはモズが突然付けていた耳飾りを見つけていた。

そのデザインはコハクと同じであると。

石化したコハクの耳飾りは現在、イバラに付けられている。

「勝ちよ おじちゃんの」

イバラは嗤う。

そして、決戦の地でそれはキリサメによって投げられた。

「投げさしたぞ石化装置
翔べドローン!!!」

千空は叫び、龍水が動く。

「しゃあああ勝ちだぜ
俺らのよ・・・!!」

クロムは勝ちを確信した。

ドクターストーンの最新巻をU-NEXTですぐに読む

U-NEXTは31日間無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読めませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでオススメです!

ドクターストーンの最新刊を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

ドクターストーン【最新話】126話の感想

いよいよ火蓋が切られました!

それぞれが勝ちを確信したこの話。

鳥肌たちましたね。

イバラはモズか付けていたイヤリングに気付いてコハクのを自ら付けてます。

そのタイミングはいつなのでしょう?

そして、デザインが同じイヤリングをモズに渡した千空。

イバラの行動を読んでそうしたか気になります。

読んでいたかどうかで結末は変わります。

モズはそれに気づいているのか?

かなり読みにくい展開になりました!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.