無料でマンガを読む方法や最新話のネタバレ・感想を紹介しています。

無料マンガ別冊GEKIコミック

最新話のネタバレ・感想

Dr.STONE【最新話】114話のネタバレと感想

更新日:

2019年7月22日発売日の週刊少年ジャンプ2019年34号で「Dr.STONE」の114話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はDr.STONE【最新話】114話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

Dr.STONE【最新話】114話のネタバレ

Z=114「そして科学は静かに石を穿つ」

夜の後宮をコハクは単身、歩みだす。

ソユーズがあるであろう木の幹へ。

蔦に覆われたそれをコハクは掻き分ける。

(千空の父上が遺した宇宙船(たからばこ))

掻き分けた先にはプラスチックのような物があった。

(まさに今この中に全人類を石化から復活させる魔法石
プラチナがある・・・!!!)

コハクがソユーズに触れると外壁はボロボロと崩れた。

(!!???)

コハクは目が飛び出るほど驚いた。

(そうか外殻の金属は
いかに文明の英知を結集して強化されていても
数千年という歳月には耐え得なかったのだな)

納得すると同時に気になる。

「ならば中身は一体・・・」

コハクは拳でコツっとむき出しになった中の部分を叩く。

そこには、大きな石が現れたのだった。

「コンクリートの珠・・・??」

離れた洞窟に居るゲンは千空に問いかける。

「あ"ぁもし無事残ってんならな
ブッチ切りでお手軽確実な長期保存方法だ」

千空の父親達はソユーズに宝物を摘めてコンクリートを流し込んだのであろう。

(そうだレコードもこの方式で保存されていたじゃないか
ヒントは既にあったのだ!)

コハクはコンクリートの塊を見下ろして思う。

しかし、過去に力ずくで石を開けた時と違い今は敵の根城。

同じように力ずくで壊すとなると直ぐに見つかるのは火を見るより明らかだ。

「く・・・目の前に船の皆や全人類を救う
科学の秘宝があるというのに・・・!!」

コハクは怪訝な表情を浮かべた。

波の音が鳴り響く洞窟の中、千空たちも思案していた。

「だ・・・だって敵陣の中でしょ?
音も振動もマズいんじゃ・・・」

ソユーズは不安そうに千空を見て言った。

「バレないようにそーっとサクッと
大っきい石壊すなんて
できるわけないんだよ・・・?」

スイカの意見もごもっともだ。

千空は珍しく難しい顔をする。

「あ"ーーー無音爆弾(サイレントボム)みてえな
もんがありゃな・・・」

眉間にシワを寄せる千空。

「あはは そうね
そんな都合いい中二病の暗殺兵器みたいなモノあればね~」

そんな千空にゲンはニヤリと冗談で返す。

「ん?」

しかし、千空は閃く。

「ん?」

ゲンは千空の様子に気付く。

「いやだから実際リアルで」

千空はラボからピョンとおりる。

「あるぞ無音爆弾(サイレントボム)」

あっさりとした表情の千空。

「あるの無音爆弾(サイレントボム)!!?」

そんな千空に目を見開いて驚くゲン

「んなまんまの名前のモノ!?」

驚くゲンに千空は解説を始める。

「住宅街とかで騒音無しでコンクリート ブチ壊すもんだ
商品名だったかもな

正式名は『静的破砕剤』」

「それも割とまんまね!?」

ラボではサイレントボムの生成が始まる。

「このエメラルドグリーンの液に白い粉を混ぜっと・・・」

二つの試験管を持つ千空の表情は完全にヤバイ奴。

「ぜ・・・絶対怪しい」

千空の様子に震えるソユーズ

「混ぜたらドカーンて爆発しちゃうんだよ・・・??」

そんな二人をよそに千空は余裕の表情に切り替わる

「さっそくまぜてみる」

千空はためらいなく試験管の中身を合わせた!

「オオオォォォイ
何してんのここで!?」

ゲンは目が飛び出るほど驚く。

しかし、何も起こらない。

「ククク
無音(サイレント)っつったつろ
爆発はしねえよ
石膏が出来るだけだ」

「石膏って美術室とかにある石膏像のアレ・・・?」

ゲンは何か言いたげだ。

ともかく石膏を手に入れた!!

夜が明けてコハクの耳飾りに千空は新たなミッションを指示。

「あ"ーー聞こえてっかスパイチーム
いよいよプラチナ入りのお宝箱
開封ミッションといこうじゃねえか・・・!!!!」

猿を模した3台のミニ四駆が後宮の中へ走って行く。

その頃、アマリリスはダンスをしていた。

「あの・・・ちょっと恥ずかしいんですけど
党首様のためのダンス練習しときたくて」

流れる音楽に麗しく身を任せる。

「皆さんに見て頂けたらなって・・・」

男性陣は虜になる。

アマリリスのこの行動もコハクの監視の注意を引いてほしいとの願いからだ。

「それに比べてこっちの女はなんだお前
お前もちゃんと踊れ!」

男達は銀狼にブーイングを向ける。

「できるわけないじゃんかぁそんなのぉお!!」

銀狼から泣き言が漏れだす。

その傍ら、コハクはミニ四駆の那賀を開けていた。

「ネズミ四駆どもが届けた工具で」

ゲンは千空の言葉に思わず、ネズミ四駆なのかと突っ込みを入れる。

「掘れ
アホほど細い穴でいい!!
クククここは雌ライオンコハク
テメーのパワー頼みだ」

「ハ!雌ライオンじゃ・・・
と言ってもこっちの声は聞こえないのだったな
可能な限り秘めやかに素早く行うがわずかな音は避けられんぞ・・・」

コハクは手動のドリルのような工具でソユーズの中身にあったコンクリートに穴を開ける。

すると、やはりゴリゴリと音が出てしまう。

「んー・・・?」
「ちょっと男しね?ゴリゴリ」
「党首様の樹の方・・・??」

アマリリスのダンスを見ていた男達は少し違和感に気づき始める。

(ヤバ!!どうしたら・・・)

アマリリスは冷や汗をかく。

すると、すぐ側でゴリゴリと大きな音がした。

銀狼が槍で地面を引っ掻いてる音だった。

「あぁ俺の槍 何してんだお前!?」

男はすぐさま銀狼に問いただす。

「ややや槍の演舞!?そういう踊りですぅううう」

銀狼は苦し紛れの言い訳に思えた。

(ありがと銀狼!
でも槍の演舞なんてできないのすぐバレ・・・)

と、アマリリスが思った矢先、

銀狼は見事な槍使いを見せた。

これには男達も驚く。

時より銀狼の槍は地面をかき大きな音を立てる。

「うぉおおおすげぇええ!!」

男達からは再び歓声があがった。

「え?スゴすぎない!?
どこでそんな槍術・・・・」

アマリリスは銀狼にそっと話しかける。

「いや一応僕村の門番だし

いつだって戦わずに逃げられるように
そういうそれっぽいだけの無意味な槍の動き!
ずっと練習してきたんだからね・・・!!」

「なんかキメてるけどカッコいいこと言ってないからね!?」

銀狼のどや顔にアマリリスは盛大に突っ込んだ。

アマリリスと銀狼のお陰でソユーズの中にあったコンクリートには沢山の穴が空いたのだった。

「掘った穴に二種類の薬
試験管二本丸ごとブチ込め!!」

エメラルドグリーンの液はただの硫酸湖の水

白い粉は無水硫酸カルシウム

千空のそこからの解説が入りそうだったが今はそんな話は要らない!

二つの試験管を入れて、木製の楔で蓋をする。

後は、放っておけばいい。

狭い穴で1平方センチメートルあたり300キロの力で内部から破壊するからだ。

夜になりコハクは再び、ソユーズに訪れた。

(打ち込んだのが昼間だからそろそろか?

果たして本当に・・・)

月明かりの下、過去の千空の父親からの声が聞こえるようだ。

(千空

未来で何が要っかも分かんねー

せめて希少鉱物を俺らからの宝箱だ!

金・ダイヤそしてプラチナ

千空 いつかお前なら世界中の石化もサクッと解いちまうだろーよ・・・!!)

千空の父親は笑ってそうだ。

「ククク
サクッとじゃねえよバカ
実に地道なもんだ
それでも必ずいつかー」

千空は父親に答えるようにニヤリと笑う。

「科学は静かに石を穿つ・・・!!!」

千空の言葉通りソユーズにはヒビが入り続けていた!!

Dr.STONE【最新話】114話の感想

いよいよ、プラチナゲット作戦が始まりましたね!

コンクリートでソユーズの中身が覆われてた時はどうやって中を取り出すのか考えましたが・・・

まさかサイレントボムを作り出すとは思いもよらず笑

それをあっさりと実現させてしまう千空にも驚きました。

そして、それと同時に千空が父親を思い、父親も千空を思い

双方の思いが合わさって

過去と未来で会話が成立しているような感じがとても良かったです!

そして、破壊されたコンクリートの中からプラチナを取り出し

どのように、千空にも届けるのでしょうか?

そして、石化光線奪取はうまくいくのでしょうか?

何か、邪魔も入りそうですが気になりますね!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.