無料でマンガを読む方法や最新話のネタバレ・感想を紹介しています。

無料マンガ別冊GEKIコミック

最新話のネタバレ・感想

Dr.STONE【最新話】109話のネタバレと感想

更新日:

2019年6月3日発売日の週刊少年ジャンプ2019年29号で「Dr.STONE」の109話を読んだのであらすじ・ネタバレ感想をまとめました。

本記事はDr.STONE【最新話】107話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です。

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

Dr.STONE【最新話】107話のネタバレ

Z=109 大脱走

「スイカと銀狼の潜入タッグで敵陣地から科学の研究室(ラボ)をゲットしてみせるんだよー!!」

便りにされるスイカの声は明るい。

しかし、そこは海の上の船で中には敵が沢山居るのだ。

スイカは頭の被り物に身を隠し少しずつ近づく。

「ラボカーを外で獣から守るための迷彩カバーがある
ククク大自然と潜入の達人スイカ様なら100億%気づいて被せんだろ!」

船外から望遠鏡で見守る千空の予想通りにスイカはラボカーにカバーをかける。

「で・・・でも人の目に見えなくなるわけじゃないよね・・・??」

心配そうなソユーズであるがコハクと千空はスイカを信じきっていた。

「そりゃそうだ
最後は強行突破っきゃねぇ」

「勝ち目はある!
潜入者2人で完璧な連携を取れば」

「うん スイカちゃんはゴイスーの有能だからいいけどね
タッグのパートナーが若干心配しかないっていうか・・・」

二人の自信に望遠鏡を覗き込むゲンが不安を口にする。

「やる時はやる男だ
信じているぞ 銀狼・・・!!」

コハクは船を見ていた。

「誰か助けに来てくれた!!
じゃあ僕はもういいよねぇ!??
逃げちゃってもいいよねぇえええ!??」

「奥義!!人任せ!!」

銀狼は相変わらずゲスい・・・

その間、敵達は船の中に居たヤギを運び出していた。

「ヤギだっけコイツら?
毛皮もイイし肉も旨そうじゃん
世の中まだまだ見たことねぇケダモンがいんだな~」

ヤギを運ぶ反対側から脱出しようと銀狼は試みる。

(とっとと逃げなきゃねぇえ
せっかく僕だけ石化光線助かったんだから)

デッキから海に降りる為に身を乗り出す。

「そうだよ
助かったんだから」

言葉とは裏腹に銀狼の手は止まる。

「僕 だけ・・・」

石化した金狼が無造作に積み上げられていた。

月明かりの下のデッキで銀狼は石化した金狼を運ぶ。

「もう
なんで寝てるの金狼」

そして、金狼を銀狼は背負った。

「一緒に逃げよぅ
しょうがないなあ
僕かつれてってあげるからね・・・!」

その時、大きな物音が響いた。

銀狼が振り返るとスイカが被り物に身を隠し辺りにぶつかりながら暴れていた。

「ちょ・・・何だコレ転がって
野菜かと思ったらケダモンか!?」

船の上の敵は驚く。

(スイカがお役に立つんだよ
敵のみんなの目を引き付けるんだよ!)

スイカはこの騒ぎの隙に銀狼がラボを脱出させると思っている。

その意図を汲んだ銀狼は手が震えだした。

(そんなことして見つかったら
今度こそ石化か・・・殺されちゃうじゃんか!)

「そうだよぅ
僕はそんな場合じゃないんだよぅ
一緒に逃げなきゃなんだから
ねぇ金狼・・・)

銀狼は弱々しく金狼に振り返る。

石化した金狼は虚空を見上げていた。

(銀狼、銀狼)

金狼は喋っていないのに問いかけてくるようだった。

(あの時船にいなかったお前だけは
生きているのかもしれん)

金狼は言葉を伝える手段を失いつつ銀狼に訴えかけているようだ。

(一言でも伝えたい
考えろ
今お前が為すべきことをー)

言葉が聞こえたような気がした銀狼はバツの悪そうな顔をした。

(あ~あ
喋れなくたって聞こえるよぅ
その真面目くさった堅物顔でさぁ)

「ごめんね・・・
金狼」

銀狼の表情は一気に締まった。

「ちょっとだけ待ってて
後で絶対千空たちと全員助けに戻るから・・・!!!」

銀狼は石化した金狼を背にラボへ向かった。

スイカが暴れている間に銀狼はラボに付いている手漕ぎのジャッキを動かして上げた。

スイカは敵に捕まる寸前で被り物から脱出

被り物を捕まえた敵は空の中身に気をとられていたらデッキの下が大きく開きカモフラージュしたラボが出現した。

遠くで見ていた千空も歓喜の声とガッツポーズをする。

スイカの被り物はラボの上にちょこんと乗った

ラボはスイカの運転のもと海へ進み出す。

敵がラボを追いかける間に銀狼は脱出。

水陸両用でラボカーは海から陸へ上陸。

そこへ千空達と銀狼が乗り込む。

「やるじゃねえかテメーら」

しかし、敵に囲まれてしまう。

「クッソ暗くて見えねえ!

船かと思ったら陸も進んだぞ?

こいつも新しいケダモンか!?」

その言葉に皆が反応した。

確かに自分で動く自動車という発想は無いので生き物に見える。

しかし、エンジンをふかすと煙が出てしまい人工物と分かってしまう。

そんな中、千空は窓から咲く花を見つけた。

その花はジャスミンだった。

そして、千空はカバンから昼間にアマリリスが落とした貝を取り出す。

「どうせ出す排気ガスなら
超絶唆る香りつけてやるよ

魚肉類のアミンにプラスジャスミンのスカトールでな!」

千空の表情は生き生きしていた。

ゲンは嫌な予感しかしない。

「腐った貝をジャスミンの花で包んで
温めるだけで」

千空は作った物質を排気ガスが出る部分に近づけた。

そして千空は
ウンコを手に入れた!!

「手に入れなくていいよ
そんなもの!
おしりから出るよ普通に!!」

「香りだけだ」

衝撃を受ける銀狼に千空は冷静に返す。

※ウンコ(の臭い)の作り方

「アホほど特濃のジャスミンティーを
煮込んだ肉料理にかけるだけだ!!」

そして千空は更に屁っぽい硫黄の香りもブレンドした。
顔は生き生きしている。

エンジンをふかして出てきた臭いに外に居た敵は叫んだ。

「くっっっっっさ!!!!!」

更にゲンは屁に似た手笛で音を加える。

「くっそやっぱケダモンじゃねえか・・・!!」

進むラボに対して逃げ出す敵達。

「大脱走
大成功なんだよー!!!」

ハンドルを握るスイカは喜びの声を上げた。

後ろで喜ぶ男子と鼻を摘まんで嫌な表情を浮かべる女子が居たのだった。

Dr.STONE【最新話】109話の感想

ゲスイと思われた銀狼が予想外に情と根性を見せて見事にラボにが奪還できました!

思ったよりも上手くいった感じでしたね!

スイカも予想通りの大活躍でよかったです‼

千空の脱出手段も面白かったですし。

奪還したラボでコハクは美人になるのでしょうか?
あくまで目的はプラチナと石化光線です!

美人になったコハクで島を掌握出来るのでしょうか?

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.