無料でマンガを読む方法や最新話のネタバレ・感想を紹介しています。

無料マンガ別冊GEKIコミック

最新話のネタバレ・感想

DAYS【最新話】303話のネタバレと感想

投稿日:

2019年7月10日発売日の週刊少年マガジン2019年33号でDAYSの303話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はDAYS【最新話】303話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

DAYS【最新話】302話 あらすじ

激しい攻防により主導権争いに激しさを増している準決勝。

聖蹟へとボールが渡り得点へと繋ぐことができるのか?

DAYS【最新話】303話 ネタバレ

亀山からボールを奪い返した速瀬は、臼井へボールを下げていた。

ショートパスで桜木高を崩していくと思われたが、ロングパスを選択した臼井。

そのボールにすぐさま反応した速瀬は、前線へ走り出していくも亀山のマークが外れなかった。

抜きに行くかと予測していた亀山だったが、速瀬はバックパスをして水樹までボールを繋いでいく。

水樹にボールが渡り観客はヒートアップしている。

ワンタッチでボールをさばいた水樹だったが、ダブルマークでチェックされていたためあっさりとボールを奪取されてしまった。

ディフェンスでは、守るということがは能動的で難しく個の力がなければ動くことはできないと保科はいう。

如月という存在が、意識改革を推進した。

そして、前線へ送り込みボールを受け取る芹沢。

しかし、聖蹟の戻りも早く芹沢にはつくしがマークにつく。

負けたくないから、一つずつ対処していくこうと心で思うつくし。

つくしのプレッシャーに圧倒され、後ろにパスを送り出そうとするとそこを読んだようにつくしと灰原でパスコースを塞いでいく。

遂にボールを奪った灰原は、つくしと共に前線へドリブルしながら上がっていき息のあった連携プレーをしつつ桜木高のゴールを目指していく。

DAYS【最新話】303話 ネタバレ感想

意外と前半七分しか立っておらず、なかなか時間が進んで行きませんが試合の中身は非常に濃くなっています。桜木高もしっかりと水樹の対策しているので、自由にボールを受け取ることが難しくなっている感じなので如何につくし達と機能させて攻めていけるかが勝負のカギになりそうです。

両チームとも能力の高い選手達が多く、ベンチで控えとなっている成神なども後半戦に入る時にピッチへと入ってくると思いますので更に白熱した試合となるでしょう。

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.