最新話のネタバレ・感想

DAYS【最新話】312話のネタバレと感想

更新日:

2019年9月18日発売日の週刊少年マガジン2019年43号でDAYSの312話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はDAYS【最新話】312話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

DAYS【最新話】311話 あらすじ

犬童の攻撃を防ぎつついい流れを作っている聖蹟。

こぼれたボールを必死に追いかけていく君下であった。

DAYS【最新話】312話 ネタバレ

君下の父は経営状況の良くないお店を閉めようと考えていて、そのことについて君下に打ち明けていました。

それでもお金の心配をさせないよう、宝くじに当たったなどといい進学は問題ないといいます。

そんなことを思い返していた君下は、後悔はないといい自分に出来ることはやってきたといいラインの外に出そうになったボールをフィールド内に残します。

また自分がここまで来れたのもあの父がいたからだといった。

フィールドに残したボールを運んでいくと、すかさず犬飼がチェックに入ってきました。

しっかりと体を入れられると体制が崩れつつも大柴へとボールを繋いでいきます。

大柴をマークしていたのが如月でしたが、大柴は自身の体制を崩し如月の体制も崩させ臼井へとボールを渡していきます。

しっかりとボールを繋いでいくとそのままダイレクトで水樹へ。

トラップが苦手とされていた水樹でしたが、犬童とよく似た首の動きと引き付けたトラップ。

最終ディフェンスラインには二人マークで付かれた水樹は、間を抜けていくようにしてかわしていきました。

キーパーとの一対一と思われましたが、犬童がディフェンスラインまで戻ってきています。

すると水樹はルーレットでかわしシュート体制に入りました。

昔の水樹はろくにサッカーが出来ないほどのレベルでしたが、サッカーにのめり込んでいきました。

DAYS【最新話】312話 ネタバレ感想

熱血プレーを見せてくれた君下でしたが、大柴も臼井も全ては水樹につなげるための連携でしたね。

水樹も弱点と思わせないほど成長していてトラップは見事でした。最後は犬童すらかわしていきましたが、しっかりとゴールが決められそうな展開となりそうですね。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.