最新話のネタバレ・感想

DAYS【最新話】306話のネタバレと感想

更新日:

2019年7月31日発売日の週刊少年マガジン2019年36号でDAYSの306話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はDAYS【最新話】306話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

DAYS【最新話】305話 あらすじ

君下のゲーム作りにより、優勢となっている聖蹟。

得意のゲーゲンプレスを活用して攻め込んでいくも桜木高に防がれてしまう。桜木高のGK近藤はゲーゲンプレスの破り方が分かったという。

DAYS【最新話】306話 ネタバレ

近藤は弱点を思いついたといいサッカーのルールを逆手にとったプランがあるという。

ふざけいている近藤をあてにしておらず、如月は無言であった。

ゲーゲンプレスがよく機能していて君下がパス精度が高いことが重要ではなく大柴こそ欠かせないである。

再度、ゲーゲンプレスで仕掛けていく聖蹟。

弱点があるといった近藤はかかったなといいペナルティエリア外でパンチングを行った。

パンチングした近藤は声を高々と上げゲーゲンプレス破れたりという。

それをしっかり見ていた主審はファウルといいイエローカードで警告する。

サッカーのルールを未だに理解していない近藤に桜木高のメンバーは怒っている。

如月に至っては空に祈りを捧げ、犬童は大笑いしている。

聖蹟のフリーキックとなり、キッカーは君下。

会場が沸き上がり得点のチャンスの場面で前半十二分経過していた。

君下がキッカーかと思われたが、速瀬のポストの左上にボールを放つ。

咄嗟に速瀬が蹴ると判断した近藤は、素早くポジショニングをずらし反応した。

そして、聖蹟のコーナーキックでセンターへ放り込み大柴が反応していくも惜しくもゴールとはならなかった。

再度、コーナーキックとなり水樹と大柴は入れ替わるようにして桜木高のマークを外していく。

フリースペースを作り反応した如月だったが、後ろ向きの状態で大柴優勢のゴール前であった。

DAYS【最新話】306話 ネタバレ感想

未だに開始十二分で、両チームとも得点に絡みそうな場面を多く見せています。

秘策と思われた近藤の案は、何とGKエリア外でのパンチングでした。(笑)

あまりも予想外な行動の笑ってしまいましたが、近藤なり考えて行動した結果ですね。しっかりとフリーキックを阻止することで汚名返上となりました。

聖蹟の絶好のチャンスに大柴が得点を決めることができるのか如月に阻止されるのか今後を左右する動きとなっていきそうです。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.