最新話のネタバレ・感想

DAYS【最新話】305話のネタバレと感想

更新日:

2019年7月24日発売日の週刊少年マガジン2019年35号でDAYSの305話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はDAYS【最新話】305話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

DAYS【最新話】304話 あらすじ

桜木高の攻撃を防ぎきりゴールを守った聖蹟。

白熱した試合展開で、どちらが先にゴールを奪えるか?

DAYS【最新話】305話ネタバレ

ペナルティエリア内で桜木高の攻撃をゴール前で何とかクリアする二戸部。

フリーの状態でこぼれ玉を拾いシュートモーションに入る鳥飼だったが、佐藤がヘディングでボールをクリアする。

こぼれ玉に速瀬が反応するもしっかりと桜木高のチェックが入る。

そこに、君下が動き出し君下にバックパスをすると地を這うような超ロングスルーパスした。

佐藤がボールクリアした時に、前線へと駆け上がっていたつくしがボール目掛けて走りこんでいく。

惜しくもクリアされてしまい得点とはならなかったが、あまりに意表を突いたパスに会場はざわついていた。

いい動きをしたつくしだったが速瀬から怒られていて謝っている。

それを見た千手はドリブンパスといい、犬童を超えるパフォーマンスを披露していてパスの精度だけ見れば高校性NO1だという。

スカウトの二人は何かメッセージが込められているというそれは会場に向けて何かを・・。

加藤は、桜木高は組織全体のレベルの高さで戦っているが聖跡は間違いなく君下とつくしの二人がチームを牽引しているという。

聖跡のスローインからで攻撃が始まるも桜木高の守りが固められていて容易に崩せないかと思われたが聖跡には大きな槍があるといわれている。

空中高くボールを蹴りペナルティ前のゲーゲンプレスとなる。

大柴が胸トラップし水樹にパスをしてジャンピングボレーでシュートを放つ。

しかし、シュートコースが阻まれてしまった。

砂山からは、聖跡は攻撃的なチームではあるが水樹のパワーもつくしの異色な存在も風間のテクニックも君下のパスも七割越えで大柴によっていかされているという。

そんな中、近藤は阿呆面でゲーゲンプレスの弱点が分かったといった。

DAYS【最新話】305話ネタバレ感想

優勢な立場でゲームを進めている聖跡ですが、君下のプレーは圧巻ですね。

また、つくしにしても今までにないプレーをしているのも驚きです。

一方で近藤がゲーゲンプレスの弱点が分かったといいます。

弱点と思しきところは、必然的にボールが前線に送り出すのでFW陣の体力が削られていくところかも知れませんね。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.