無料でマンガを読む方法や最新話のネタバレ・感想を紹介しています。

無料マンガ別冊GEKIコミック

最新話のネタバレ・感想

DAYS【最新話】304話のネタバレと感想

更新日:

2019年7月17日発売日の週刊少年マガジン2019年34号でDAYSの304話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はDAYS【最新話】304話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

DAYS【最新話】303話 あらすじ

桜木高に対してしつこいマークをし、つくしの懸命なディフェンスしたことで聖蹟ボールとなる。

そして、灰原とのコンビネーションで前線へと駆け上がるのであった。

DAYS【最新話】304話 ネタバレ

素早く駆け上がっていくつくしと灰原だったが、それ以上に戻りが早い桜木高のディフェンス陣。

鳥飼らが最終ディフェンスラインまで戻り、パスコースを防いだかと思われたが股下を通してパスを送る灰原。

そのボールを受け取るために走りこんできた大柴だったが、しっかりとマークについた如月。

しかし大柴は、走りながらボールを受けたに関わらず足に張り付いたかのようなボール捌きを見せ会場を沸かせている。

いつぞやとは違うと如月にいうと、如月と一対一の形となり足技を見せて素早く動き出すもピタリとついてくる如月に苦戦してしまう。

如月を躱そうとするとカットするべく大柴にあたりにくる如月だった。

大柴の足元でしっかりとボールを止め、体重差のある大柴が有利かと思われたが前のめりとなってしまいカットされてしまった大柴。

涼しい顔をしながらボールを芹沢に向けてパスをする。

左サイドから攻めていく桜木高だったが、灰原も負けじと早い戻りでディフェンスに入っていた。

聖蹟もカバーしながらディフェンスしていくが、じりじりと前線に上げていきエリア内に犬童が入りそこに臼井がマークする。

ところが、犬童から外れだといわれ犬童警戒するあまり桜木高のマークが甘くなってしまっていた。

得点のチャンスと思われたが、しっかりと新戸部がカットしゴールを防いだ。

開始からまだ十分しか経過しておらず白熱した展開になる試合であった。

DAYS【最新話】304話のネタバレ感想

それぞれの思惑通りに試合を進めることができていない両チームです。

なかなか得点が生まれそうな形までは行っていますが、両チームともナイスディフェンスな状況が続きハラハラ・ドキドキさせられます。

未だ十分しか経っていないですが、非常に面白い展開が続いています。

どちらが先制点を決めるのか、ボールの主導権争いはどちらに軍配が上がるのか気になってくる状況です。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.