最新話のネタバレ・感想

DAYS【最新話】301話のネタバレと感想

更新日:

2019年6月26日発売日の週刊少年マガジン2019年30号でDAYSの301話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はDAYS【最新話】301話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

DAYS【最新話】300話 あらすじ

ボール主導権を握りたい聖蹟は、全員が一丸となって動いていく。

特に君下の動きは、予測不能なトリッキーな動きで犬童を振り切り得点のチャンスの場面となった。

DAYS【最新話】301話のネタバレ 「互いの成長」

犬童を躱していき、前線にいる水樹にスルーパスを出していく。

水樹もいち早く反応するも僅かな差でボールをクリアされてしまった。

観客からは、クリアされてしまったことよりも君下の動きについて期待する声が出ていた。

頬を赤めて息子の活躍に興奮している君下の父。

更に、大柴の父からも活躍している姿を褒めているも少し固いかなという。

桜木高のスローインから始まり、ボールをもらいにいくもピッタリとマークしている聖蹟。

倉科は出しどころがないものの、一旦味方に渡して再度ボールをもらうとすかさず水樹がチェックに入る。

プレッシャーをかけてきた水樹、ボールを奪えば聖蹟のチャンスとなるも倉科は持ちこたえてキープする。

危ない位置でキープしているのを見た会場はヒヤヒヤしている。

徐々に追い詰められている倉科は最終ラインの近藤までボールを戻す。

しかし、近藤には足のスキルがないためミスをするであろうと大柴は近藤めがけて走り出す。

するとしっかり足元でトラップした近藤見て、驚く聖蹟メンバー。

カウンターを仕掛けるかと思われたが、ショートパスを選択した近藤。

倉科へパスすると、つくしがチェックに入りパスコースがなくなってしまったので近藤まで再び戻した。

逆サイドへ振るも早いチェックで桜木高の自由を奪う水樹達。

この動きを簡単に成し遂げていると思っている観客とは違い、甲斐は相当キツイはずなのにこれをやりきる精神力があるからこそ聖蹟は強いと涙ぐんでしまう。

ところが、追い詰めているはずの聖蹟が少しずつラインを下げてしまい桜木高はラインを上げていた。

ボールを回しているところにつくしが詰め寄るとダイレクトでパスされてしまう。聖蹟のフォーメーション上、両脇にスペースが空いてしまっていた。

DAYS【最新話】301話のネタバレ感想

聖蹟リードな感じがありましたが、簡単にはやられてない桜木高でした。

近藤もしっかりとスキルアップしていて両チームともに成長していることがはっきりと分かりました。

フォアチェックをしつつも空きスペースを狙われしまい窮地となってしまいました。

桜木高の攻撃をどこまで防げるか、防ぎきれずゴールを奪われる展開にもなりそうです。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.