最新話のネタバレ・感想

DAYS【最新話】298話のネタバレと感想

更新日:

2019年6月5日発売日の週刊少年マガジン2019年27号でDAYSの298話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はDAYS【最新話】298話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

DAYS【最新話】297話 あらすじ

遂に聖蹟と桜木との試合が始まり、ボール主導権争いが試合を制するキーとなっていた。

そんな中、つくしにボールが渡りトラップで相手を躱し、シュートレンジに入る。

DAYS【最新話】298話 「つくしの成長」

君下からつくしへパスが渡り、桜木高の芹沢が、つくしのマークに入る。

一対一となるも止めるトラップではなく、前へ向けるような引き付けるトラップで芹沢の裏をかくことができた。

そのまま、ペナルティエリア付近でシュートする体制となる。

場内からは、距離があって入らないとの声や、大したシュートは撃てないだろうと言われている。

つくしのシュートイメージが、水樹のシュートモーションと被っているように見える。

ゴール右隅に放たれたが、GKの近藤にナイスセーブされてしまう。

近藤のナイスセーブよりも、つくしがあんなシュートを放ったことが驚かれていた。

そして、攻守が切り替わり、近藤から起点となる犬童へボールが投げられた。

素早いマークで、水樹と君下に囲まれてしまった犬童であったが、トラップをせずオーバーヘッドで前線へボールを送り込む。

前線へ送り込まれたボールをすぐさま、猫谷へ回してカウンター攻撃をしていく。

そんな猫谷へ素早く臼井がマークに入り気づけばライン際まで、追い込まれてしまっていた。

ライン際に追い込まれたが、抜くことができれば得点のチャンスであった桜木高。

しかし、猫谷は、臼井のマークを外すことができず、臼井のことを人間ではないと思っている。

突然、臼井は元気がいいなという。

そこに前線にいたはずの、つくしがディフェンスに回ってきていた。

猫谷は、戻ってきたつくしを見て、かなり驚いた顔をしている。

そのままつくしが、猫谷からボールを奪い前線へボールを運ぶ。

DAYS【最新話】298話 感想

凄まじい成長を遂げているつくしに驚いてしまいました。

聖蹟も桜木高に劣らずボール運びが出てきている感じです。

試合のキーマンは、間違いなくつくしになるでしょうが、今と同じ状態でフィールドを駆け回っているとスタミナ切れしそうで心配です。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.