無料でマンガを読む方法や最新話のネタバレ・感想を紹介しています。

無料マンガ別冊GEKIコミック

最新話のネタバレ・感想

DAYS【最新話】297話のネタバレと感想

更新日:

2019年5月29日発売日の週刊少年マガジン2019年26号でDAYSの297話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はDAYS【最新話】297話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

DAYS【最新話】296話 あらすじ

待ち間に待った、準決勝の試合。

陣を欠いた聖蹟であったが、陣の穴埋めをするべく、普段よりも一層引き締まった顔をしている。

そして、全員がポジションにつき、ホイッスルが鳴るの待っていた。

DAYS【最新話】297話 ネタバレ 「両者譲らず」

ホイッスルが鳴り試合が、準決勝が開始する。

京王高の二人が話している。

序盤は、ボールの主導権争いなるだろうと、丸岡はいう。

陣がいないことの穴は大きいが、それは、桜木高も同じであると、甲斐は話す。

ただ、絶対的エースという点では、成神が不在の方が、つらいだろうと甲斐はいう。

成神が、いなくても、桜木高は、しっかりとチーム作りが出来ているので、問題はないが、聖蹟の方が、手持ちで陣の穴埋めをするのは、厳しいなと甲斐と丸岡は話している。

ボールが浮き、空中戦となり犬童と水樹は、競り合い水樹がヘディングでボールをカットする。

カットしたボールをつくしが、拾いバックパスで、佐藤に戻し、聖蹟ボールとする。

母と小百合の声が聞こえたのか、聖蹟メンバーを鼓舞する動きを見せるつくし。

その行動を見た実況と観客達の歓声が、一斉に沸き上がる。

そしてボールを持った聖蹟は、桜木高の陣地に攻め入っていく。

水樹と早瀬のポジションニングが少し変わっていたことに気が付く梁山の中野と加藤。

DFの灰原も前線に上がってきた。

新しい展開を作っていく聖蹟。

それを見た、犬童は、より気持ちが高揚していた。

俺にボールをよこせと上がってくる大柴であったが、如月がピッタリとマークがついていた。

君下の父は、選択を誤るなといった。

一番危険な存在を忘れているだとうと君下からつくしの元へパスを出す。

パスが少し弱く、取られそうな場面だが自ら動くつくし。

そして、首を左右に振ったと同時に敵を躱しパスを受け取るつくしは、ゴール前でフリーの状態となる。

躱した姿を見た、京王高の甲斐と丸岡は、びっくりし、、フットサルの仲間であるおじさんは、柄本少年と大声で叫ぶのであった。

DAYS【最新話】297話 ネタバレ感想

ようやく、試合が始まり開始直後は、ボールの主導権争いとなりましたね。

カットしたボールを拾ったつくしが、聖蹟全員を鼓舞した姿は、カッコ良かったです。

つくしの顔を振った動作で敵を躱しましたが、何か仕掛けがあるように思いました。

絶好のチャンス場面でボールを持っているつくしは、ゴールを決めることができるでしょうか?

次週がすごく気になります!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.