最新話のネタバレ・感想

ブラック・クローバー【最新話】242話のネタバレと感想!

更新日:

2020年3月2日発売日の週刊少年ジャンプ2020年15号で「ブラック・クローバー」の242話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はブラック・クローバー【最新話】242話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

これから「ブラッククローバー」のネタバレを含む内容をご紹介します。

ちなみに前話241話もまだ読んでいない場合はこちらで紹介しています。

ブラッククローバー【最新話】217話のネタバレと感想!ダムナティオの審判は?

2019年8月26日発売日の週刊少年ジャンプ2019年39号で「ブラック・クローバー」の217話を読んだのであらすじ・ネ ...

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

ブラック・クローバー【最新話】242話のネタバレ

ページ242 「人間と悪」

アスタとゴーシュの合体技が流星群のように空を舞う。

それはまるで、昼間に流れる黒い星だ。

(こんだけの数の反魔法の超スピード攻撃
防ぎようも避けようもねえ!!!)

ゴーシュはダンテにアスタの攻撃が直撃するのを予感した。

「50%」

ダンテは呟くと同時に、姿を不気味に変形。

額のアザは大きくなり、顔の半分まで伸びる。

背中からは羽が生えて、頭には角が二本。

その姿は本当の悪魔のようだった。

そして、姿だけでなく魔法の力も上がる。

アスタの攻撃が当たる直前で目の前の空間が歪み、攻撃が外れた。

「何が・・・」

アスタは何が起こったか確認しようと振り返る。

しかし、確認するよりも早くアスタの肩に敵の足が乗せられる。

そのまま、踏み下ろされてアスタは地面にめり込む。

「少し 話をしよう」

ダンテは足の下に居るアスタを穏やかに見下ろす。

「序列の差はあれど同じ悪魔憑き同士・・・
話が合うと思うのだが・・・」

アスタの肩からダンテの足は離れない。

「・・・・・・・・・・・
同じなもんか・・・・・・・!!」

不利な状況の中、アスタはダンテを歯噛みしてダンテを見上げる。

アスタの脳裏に浮かぶのは、先日の国境付近で助けた虐げられたスペード王国の民。

「あんな・・・
自分の国の人達にヒデーことしてるヤツと・・・
話が合ってたまるか・・・!!!」

しかし、アスタの思いもダンテにとってはどこ吹く風。

「フム
何の話をしているかわからないが・・・
私のことを悪く言ってるのなら誉め言葉だ」

「・・・!!」

アスタが驚くが、ダンテは続ける。

「悪意とは動物にはない・・・
人間だけが持ち得た至高の感情・・・!
君だって見に覚えがあるだろう・・・
怒り 憎悪 復讐 破壊・・・・・・・!
悪意の力・・・!!」

アスタを見下ろして、ダンテはニヤリと笑う。

「悪の感情を解放している時こそが
一番人間らしいのだよ」

ダンテはアスタに突き付ける。

「悪こそが人間の本当の姿だ」と。

「・・・違う・・・!!!」

アスタはダンテを否定する。

「オレだって・・・
悪い気持ちが溢れることはある・・・!!
それで力が漲ることも・・・!!!」

アスタは悪意が存在する事自体は否定しない。

「けど
それを制御して正しいことに使える強い心がある・・・!!!
それが人間だ!!!!」

アスタは力強くダンテを睨み上げる。

「君は少々変わり者の悪魔憑きのようだ・・・」

ダンテはアスタの言葉を聞いて、足の力を強めた。

グシャと強い力で潰されたハズのアスタは無傷に等しかった。

アスタの上にルージュが居た。

「私がいる限り
私の仲間は死なせないわ!!」

ヴァネッサがアジトから叫ぶ。

「・・・まったく・・・」

ダンテから黒い感情が滲む。

「君は私の女なんだ
その力も私の為以外に使ってはダメじゃないか」

ダンテの言葉とともに発せられる雰囲気にヴァネッサは戦慄する。

「60%」

その瞬間、ダンテの力は格段に上がる。

力に押されたルージュは、糸がほどけるように消えていく。

「ルージュ・・・!!!」

アスタは最早、形を止めていないルージュを見る。

「・・・そん・・・な・・・!!」

ヴァネッサは全魔力をダンテによって消耗させられ、ガクリと膝をつく。

そして、アジトを動かしているヘンリーも汗を滲ませる。

暴牛を動かしている魔力が尽きようとしていた。

その時、ダンテの魔力が広範囲に発せられる。

暴牛号は腕と頭が落とされる。

ヴァネッサ、ゴーシュ、グレイはダンテによって外へ出される。

3人は身動きが取れない状態で、空中に浮かぶ。

「ぐ・・・!!!
動・・・けねえ・・・!!!」

ゴーシュは言葉を絞り出すが、あらゆる方向から押さえつけられているような感覚に襲われる。

ダンテはそのまま、地面から自身より大きな岩を魔法によって掘り出す。

重力魔法 "悪神の加圧技工"

岩は押し潰されるように形を変えていく。

そして、人の大きさよりも大きな剣が出来上がる。

「仕方が無い・・・」

その剣は、ダンテの横で宙に浮いている。

「本当の感情を目覚めさせてあげよう」

アスタを見下ろして、楽しそうな事が始まるとでも言いたげな表情をしていた。

「やめ」

アスタが言い終わる前に、ダンテは剣をゴーシュの体の中心を刺し貫いた。

ゴーシュは目を見開きごぼりと吐血する。

「ゴーシュ!!!!」

「ゴーシュくん!!!!」

ヴァネッサとグレイは叫ぶ。

アスタはそれをダンテに踏まれながら見ている。

その時、アスタの脳裏に走馬灯がよぎる。

『私の・・・愛する息子ー』

その人は、胸と口から血を流しながらも手を差しのべていた。

断魔の剣が大きく振り上げられる。

先程よりも大きな力で、断魔の剣はダンテを襲った。

舞い上がった土煙の中からヴ、ヴと苦しそうな呻き声が上がる。

それを認識したダンテは楽しそうな表情を浮かべる。

「フハハ!!
それでこそ人間だ!!!」

アスタは苦悶の表情を張り付けている。

そして、体の半分が悪魔の力で覆われた状態で剣を抱えていた。

ブラッククローバーの最新巻をU-NEXTですぐに読む

U-NEXTは31日間無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読めませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでオススメです!

ブラッククローバーの最新刊を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

ブラック・クローバー【最新話】242話の感想!

ダンテはやっぱ強いですね(^^;

圧倒的にやられる展開でした。

しかし、やっぱりここに来てアスタの悪魔の力を解放させてしまった。

これは、吉とでるか凶とでるか、、、

いずれにしろ、何かバトルに進展ありそうですね。

そして、一瞬出てきたアスタの走馬灯。

あの状況はアスタだと思ったのでアスタと書かせて貰ってます。

アスタが孤児になった事と関係ありそうですが。

何か深い訳ありと見た!!

ユノと同じような、秘密の出生があるのでしょう。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.