最新話のネタバレ・感想

ブラック・クローバー【最新話】240話のネタバレと感想!

更新日:

2020年2月22日発売日の週刊少年ジャンプ2020年13号で「ブラック・クローバー」の240話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はブラック・クローバー【最新話】240話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

これから「ブラッククローバー」のネタバレを含む内容をご紹介します。

ちなみに前話239話もまだ読んでいない場合はこちらで紹介しています。

ブラッククローバー【最新話】217話のネタバレと感想!ダムナティオの審判は?

2019年8月26日発売日の週刊少年ジャンプ2019年39号で「ブラック・クローバー」の217話を読んだのであらすじ・ネ ...

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

ブラック・クローバー【最新話】240話のネタバレ

ページ240「大戦勃発」

「美味しいな~!!
ハート王国の食べ物美味しいな~!!」

両手に花、じゃなくて、果物を抱えたチャーミーが丸々と太りながら食べ続けている。

「可愛い~!!
チャーミーさん可愛い~!!」

そんなチャーミーをロロペチカが甘やかす。

(困ったさんが困ったさんに気に入られたー)

ミモザは口に出さずに困惑している。

「ちょっとロロペチカ!!
これ以上チャーミーを甘やかしちゃダメよっっ!!」

そんなロロペチカをノエルはビシッと説教する。

しかし。

「大丈夫ですっ
チャーミーさんはどうなっても可愛いですからっ」

そんな事は最早、ロロペチカの中では小さな問題なのだろう。

「私はどうなっても食いしん坊以外の何者でもありません」

チャーミーも美味しいものが食べられる環境に甘えていた。

そんな、楽しそうな声をガジャは側で見守る。

口許に僅かな笑みを含んで。

しかし、ロロペチカの表情が一気に暗転した。

「ウンディーネー!!」

それに応えて水の精霊であるウンディーネが姿を現した。

ロロペチカの異変に気づいたノエル達は、どうしたのか尋ねた。

「敵襲ですー!!!」

ロロペチカによって映し出されたのはハート王国で敵襲を受けている場所。

そして、大きな水鏡で地図を作り出してそこに敵を示す印が出来ている。

「全部で・・・6人!!
国の至る所にー・・・!!」

敵を示す6箇所の印は、ハート王国に散っている。

マナゾーンの結界は、敵には通じなかったのだ。

「全員が悪魔の力を持った・・・
第零域・・・!!」

ロロペチカの声にも緊張の色が混じる。

「中でも別格の・・・
この魔力はー
漆黒の三極性(ダークトライアド)・・・ヴァニカ!!!
メギキュラを宿した悪魔憑き・・・!!!」

「メギ・・・キュラ・・・!!!」

ロロペチカの言葉にノエルの顔が強ばる。

ー スペード王国の国境付近 ー

そこに、黒の暴牛のアジトがあった。

「皆さん
お疲れ様っス!!!」

差し入れをと食べ物を持って入ってきたアスタとフィンラル。

「ありがとぉ~
この辺全然良い酒のツマミがないんだも~ん」

頬を赤く染めたヴァネッサが酒瓶片手に、アスタへと振り向く。

「おっおっお帰りなさいですぅぅぅぅ」

グレイは相変わらず、ソファーの後ろに身を隠している。

そんなグレイの身を隠すソファーに何事も無かったように腰かけるゴーシュ。

「そんなもんより
マリー成分が足りん」

そう不満を漏らしながら、マリーの人形を作っていた。

さすがにそれはアスタにもどうにもならない。

「あっ!!そうだ
そろそろ団長会議が終わる時間だ・・・!
ヤミさん迎えに行かないと・・・」

フィンラルはふと思い出した。

ヤミの足代わりっぷりは健在だ。

「ハートからスペード国境付近からクローバー・・・
お疲れ様っス フィンラル先輩!!」

アスタはフィンラルに労いの言葉をかける。

「すごい遠いから
何度か経由して時間かかると思う」

そう言い残して、フィンラルは移動魔法で姿を消した。

「ゴードン先輩は呪詛魔法の伝授
うまくいってますかね~」

「さーな
とにかくあの家にはもう近づきたくねー」

呑気なアスタと他人事なゴーシュ。

「ヘンリー先輩はお休みですか?」

アスタは何気なく聞いた。

そんなヘンリーは眠っている。

今はチャーミーが居ないのでもっともそんなに動けないようだ。

「チャーミーパイセンはもうハート王国の食べ物の虜っス」

チャーミーはどこまできってもチャーミー。

「あれ
マグナ先輩とゾラは??」

そういえば彼らが居ない。

「あらまた・・・
この半年よく一緒に出てるのよね~
下民同士気が合ったのかしら」

ワル顔コンビの出来上がりのようだ。

急に眠っていたヘンリーが目を覚ます。

「みーんーなぁー」

急に呼び掛けられる。

「何かあったー」

何気なくゴーシュは窓から外を見る。

「な・・・!!?」

そこに現れた光景に息を飲むゴーシュ。

「アジトが・・・浮いてる!!?」

不自然にアジトは宙に浮いていた。

そして、近くには同じく浮いているダンテ。

「ヤミ・スケヒロは留守のようだな
彼が帰って来るまで
君達を遊びながら待つとしようか」

ダンテの放つ独特な雰囲気に、ヴァネッサはルージュと共に臨戦態勢に移る。

そして、アジトが僅かに動き出す。

「おや」

ダンテが穏やかに声を漏らす。

「いーくーよー!!!」

ヘンリーが叫ぶ。

そしてアジトが組み変わる。

組換魔法 "黒の暴れ牛号"

「ヤバそうなヤツだー
遠慮はいらねぇな・・・!!!」

ゴーシュもヘンリーに続いて前髪で隠してある左目に手をかける。

"マナロケットパンチ"+"ラージ・リフレクト・リフレイン"

ヘンリーとゴーシュの合体技がダンテを襲う。

しかし。

「不届き」

重力魔法"魔王の御前"

二人の魔法はダンテの前で不自然に落下した。

そして、落下した辺りの地面が窪んでめり込む。

「何て魔法使いやがる・・・!!
周りの木がへし折れてやがるぞ・・・!!!」

ゴーシュは目の前で起こった出来事にただ驚く。

「ルージュがいなかったら
私達もそうなってるわ!!!」

ヴァネッサの言葉の通り、ダンテはアジトごと潰す気でいた。

「フフ
どうやら理に干渉できる魔法を使える者がいるな・・・
ヤミ・スケヒロ以外にも冥域がいるとは・・・」

思惑通りにならなかった事に対して、ダンテはニヤリと笑った。

「面白い」

すぐ近くにいる訳ではないのにヴァネッサはその一言に戦慄する。

そんなダンテを黒い斬激が襲う。

「オレが相手だァァァァァ!!!」

アスタがダンテに向かって叫んだ。

ブラッククローバーの最新巻をU-NEXTですぐに読む

U-NEXTは31日間無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読めませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでオススメです!

ブラッククローバーの最新刊を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

ブラック・クローバー【最新話】240話の感想!

メギキュラが憑いていたのがヴァニカだったとは、、、

ダークトライアドの3人は違う悪魔が憑いているのですかね?

それとも別々だったらそれはそれで厄介ですね(^^;

そのヴァニカがハート王国を襲う。

そして、同時にダンテが黒の暴牛を襲う。

ヤミさんがまだとは言え、いずれ到着するでしょうね(^^;

ウィリアムのパターンがあるのでもしかしたら負けるかも、、、

それで修行というパターンなのか?

いずれにせよ、開戦してしまいました。

アスタがどれだけダンテ相手に通じるのか!?

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.