最新話のネタバレ・感想

ブラック・クローバー【最新話】○話のネタバレと感想!

更新日:

2020年1月20日発売日の週刊少年ジャンプ2020年8号で「ブラック・クローバー」の236話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はブラック・クローバー【最新話】236話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

これから「ブラッククローバー」のネタバレを含む内容をご紹介します。

ちなみに前話235話もまだ読んでいない場合はこちらで紹介しています。

ブラッククローバー【最新話】217話のネタバレと感想!ダムナティオの審判は?

2019年8月26日発売日の週刊少年ジャンプ2019年39号で「ブラック・クローバー」の217話を読んだのであらすじ・ネ ...

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

ブラック・クローバー【最新話】236話のネタバレ

ページ236「同じなワケねーだろ」

『ユノ オレ達家族だよな』

『そうだね』

『でも血は繋がってない』

『うん』

『でも血が繋がってる人より繋がってるよな』

『うん
どうしたの急に』

『だからさ・・・
オレ達は血の繋がった家族はいないけど
これから出会う仲間は家族みたいに大切にしようぜ・・・!』

幼き日、ユノはアスタとそんな誓いを交わした。

『下民だと差別してすまなかった・・・』

『オマエは立派な金色の夜明けの魔法騎士た・・・!』

ユノは金色の夜明け団の団員から仲間に受け入れて貰えた。

『ユノ 任務終わりに食事でも行こう!』

『入団して1年半で副団長ってどんだけだよテメ』

『ユノさん最近笑うようになりましたね
笑顔の方がイイですよ』

何気ない会話ではあるがかけがえのない時間を団員と過ごしたユノ。

「オレの仲間に何してる!!!」

ユノは怒りのままに叫ぶ。

「ウハハ
半分からいは死んでんなァ
残りの半分は虫の息だ
強ぇ敵と戦ってそーなったんだ・・・」

かつて、家族のようにユノに接していた団員は血を纏って地面に横たわっている。

「本望だろうが!!!」

スペード王国の兵士が攻撃をしかけようとする。

風精霊魔法"スピリット・ストーム"

すかさずユノも兵士に攻撃をする。

「ーほォ
テメぇ 風の精霊に選ばれてんのか・・・」

兵士はユノの攻撃を、両手にある岩石で防ぐ。

「オモシレぇ」

防いだ風を弾いた。

「悪魔の力で強化されたオレの岩石魔法は
鉄や鋼より硬ぇぜ!?」

兵士は面白そうに叫ぶ。

まさに戦闘狂だ。

「風で壊せるかァー!!?」

ユノに攻撃をしかける。

確かに風と岩石では風に分が悪そうだ。

マナゾーン"精霊の静かなる舞踏"

岩石の攻撃をヒラリとかわすユノ。

(コイツ・・・
死にかけ共を助けながらオレの攻撃をー)

兵士はユノを見る。

冥域の金色の夜明け団長は今、ゼノンが相手をしているはずだ。

兵士は強いユノを面白そうに見て笑う。

「まさか団長クラス以外にも零域が存在しているとはなァ!!!
俄然面白くなってきたぜオイー!!!」

兵士は滾る。

「オレの名はガデロア
テメェはァー!!?」

勢いのまま、ガデロアは名乗りユノに名を聞く。

「オマエみたいなヤツに・・・
教える名はない!!!」

ユノは、ガデロアに風の斬擊をぶつける。

「ーウハハ
嫌われたなァオイ!!」

斬擊の土煙から、ガデロアは勢いよく飛び出してユノに襲いかかる。

「そー言わず仲良く・・・
殺し合おうぜー!!」

ガデロアとユノの激しい攻防が繰り広げられる。

「ーなぜ・・・ここを襲った!?」

攻撃の合間にユノはガデロアに問う。

「あァ!?
くだらねーこと訊くなァ
くわしいことは知らねーが・・・」

攻撃の合間ではあるがガデロアは楽しそうに応える。

「漆黒の三極性(ダークトライアド)様が冥域の魔道士を必要としててなァ
オレはただ自分の魔法であばれられりゃ
それでいい!!」

冥域、とユノが聞いたことのない言葉を発したガデロア。

なおも続く激しい攻防。

「漆黒の三極性(ダークトライアド)様は最高だァー!!」

ガデロアの勢いにユノは少し圧される。

「平和ボケしてた前の王をブッ殺して
戦いを望むオレ達に更なる力を与えてくれたんだからよォォ!!」

ガデロアの言葉には狂気を含んでいる。

「前王はバカだぜぇ
強ぇヤツが偉え!!
何もかも強者の自由だろうがよぉー!!」

ガデロアの狂気の言葉にユノは反応した。

「・・・オマエは・・・人を傷つけ・・・命を奪う時・・・
一体どういう感情なんだ・・・!?」

ユノの言葉に、ガデロアは眉を潜めたが直ぐに狂気の笑みを浮かべる。

「はァ??
ゾクゾク興奮してサイコーにスカッとしてんに
決まってんだろ!!!」

ガデロアは楽しそうに語る。

人の生き死に関わる事なのに。

「だからやめらんねーんだ!!!
そんだけの力を持ってんだ
オマエもそーだろォォ!!?」

その言葉に、ユノは静かに怒りを表す。

「オマエみないなクズと
同じなワケねーだろ・・・!!!」

風精霊創成魔法 "スピリット・オブ・ゼファー"

ユノの元に現れたのは、かつて悪魔と対峙した時に現れた大剣。

大剣を振りかぶり、勢いのままガデロアにぶつける。

ガデロアはユノの剣を岩石で覆われた腕で受け止める。

あまりの勢いに、ガデロアは呻き声をあげる。

「ウ・・・ハハハハハハハ!!!
イイじゃねぇかァァー!!!
だがやはりオマエの魔法じゃオレに勝てねぇぇぇー!!!」

ガデロアは勝ち誇ったように宣言した。

「・・・よくわかった・・・」

ユノが呟く。

「オマエみたいなヤツがいるから世界がおかしくなる
いつまで経っても呪いの連鎖が終わらねー・・・」

ユノの言葉をガデロアは聞いていないようだ。

大剣と岩石が激しくぶつかり、ギギギと軋む音がする。

「何ブツブツ言ってー」

しかし、その言葉の先はガデロアから紡がれる事は無かった。

ガデロアの岩石をユノの大剣がとてつもないスピードで風化させているので
岩石が少しずつ崩れている。

クローバーの魔法騎士としてでも
スペードの王子としてでもどっちでもいい

そう、誓ってユノは大剣を振り抜きガデロアを切り裂いた。

「オレが断ち切ってやる・・・!!!」

ユノの瞳には覚悟が滲んでいる。

ブラッククローバーの最新巻をU-NEXTですぐに読む

U-NEXTは31日間無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読めませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでオススメです!

ブラッククローバーの最新刊を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

ブラック・クローバー【最新話】236話の感想!

ユノが勝ちました!

やっぱりな、って思いはしました。

問題はヴァンジャンスです。

どうなっているのでしょう?

加勢すれば何とかなるのでしょうか?

そして、ユノの無表情の下に隠れた情がかいまみえました。

そういうユノ好きです。笑

しかし、ガデロアでこのレベルなのでゼノンはヤバいでしょうね(^^;

一度負けるというパターンも考えられますね(´д`|||)

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.