最新話のネタバレ・感想

ブラック・クローバー【最新話】235話のネタバレと感想!

投稿日:

2020年1月6日発売日の週刊少年ジャンプ2020年6・7号で「ブラック・クローバー」の235話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はブラック・クローバー【最新話】235話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

これから「ブラッククローバー」のネタバレを含む内容をご紹介します。

ちなみに前話234話もまだ読んでいない場合はこちらで紹介しています。

ブラッククローバー【最新話】217話のネタバレと感想!ダムナティオの審判は?

2019年8月26日発売日の週刊少年ジャンプ2019年39号で「ブラック・クローバー」の217話を読んだのであらすじ・ネ ...

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

ブラック・クローバー【最新話】235話のネタバレ

ページ235 「漆黒の使徒(ダークディサイブル)」

「ーユノ!!」

「お待ち下さいユノ様ッッ・・・!!」

勢いよく駆け出しドアを開けたユノに、シスターとラルフが呼び止める。

「クローバー王国内にいとも簡単に侵入したとなると・・・
恐らくは"漆黒の三極性(ダークトライアド)"の側近クラスです!!
迂闊に戦ってはー・・・」

ラルフの言葉にユノは足を止める。

しかし、

「オレは『金色の夜明け』の副団長だ・・・!」

そう言い残して再び足をすすめて、すぐさま本拠地に向かうべく大きな鳥の背に跨がった。

その頃、金色の夜明け団本拠地では侵入してきたクローバー王国の人間と団員が居る。

「あの姿は・・・スペード王国の魔道士だー!!」

「どうやって現れたのかはわからんが・・・
この金色の夜明け本拠地に乗り込んでくるとは・・・
返り討ちにしてやれ!!!」

「総員攻撃魔法集中砲火ー!!!」

ホールに集まっていた団員は中へと進むクローバー王国の兵士に
各々の攻撃魔法を仕掛けた。

魔法は勢いよく土埃をあげる。

しかし、

「ー・・・
オイオイ・・・」

クローバー王国の兵士は無傷だ。

「こんな程度かよ
クローバー王国最強の団って聞いてたんだけどなぁ・・・!?」

クローバー王国の男達は魔法を展開して不適に笑っている。

「ー馬鹿な・・・!!無傷だと・・・!?」

魔法を展開した団員達はざわめいた。

「まぁムリもねーか・・・
"漆黒の三極性(ダークトライアド)"様に力を授かり適合した中でも
選ばれた存在・・・」

"漆黒の使徒"と名乗った兵士は魔法を展開していく。

「オレ達"漆黒の使徒(ダークディサイブル)"は
全員零域なんだからよぉ・・・!!」

彼らは楽しそうに嗤う。

そこへ、金色の夜明け団の団員が岩石で出来た斧を振りかぶる。

「お!
同じ岩石魔法」

漆黒の使徒は楽しそうに振り返る。

刹那

轟音と共に、金色の夜明け団の団員が本拠地の壁を突き破り外に吹き飛ばされた。

「だが 全然脆ぇ!!」

嘲笑うように叫ぶ兵士。

壁を突き破り弾き飛ばされた金色の夜明けの団員は意識を一瞬で失った。

そして、辺りに居た団員は彼に気遣う余裕すら与えられず薙ぎ倒される。

「ウハハハハハハ!!!
悪魔の力は魔法を別次元にすんだ!!!」

赤子に手をかけるように、金色の夜明け団団員をなぎ倒す。

「スペード軍兵長クラスじゃ5%程度・・・
だがオレは40%まで解放できる・・・!!!」

嬉々と語る姿は、力に溺れた狂喜を含んでいた。

「そして悪魔憑きであるゼノン様は
80%だ!!!」

クローバー王国の兵士が暴れている中で、ゼノンはある部屋を訪れていた。

そこに居たのはウィリアム・ヴァンジャンス。
金色の夜明け団団長だ。

「オマエが・・・
金色の夜明け団長ウィリアム・ヴァンジャンスだな」

ゼノンは無感情な目でヴァンジャンスを見る。

「待て!!!
ヴァンジャンス様に近づくなー!!!」

「ーよすんだサンドラー!!
君は下がっていてくれ・・・!!」

ヴァンジャンスの制止を聞かずヴァンジャンスの前に盾になるように彼は立つ。

「・・・私がエルフの器だったとしても・・・
アナタの元で戦うのは私自身の意思です!!」

サンドラーは目の前の敵から目を離さずにヴァンジャンスに伝える。

そんな彼の名ををヴァンジャンスは心配し呟く。

「金色の夜明けの魔法騎士として
侵略者を討つ!!!」

サンドラーは魔法で造り上げた巨大な鎧の兵士でゼノンへと攻撃する。

しかし、ゼノンは眉を動かさずにそれを見ていた。

すると、刹那に現れた無数の槍がサンドラーを襲う。

予想外の攻撃にサンドラーは目を見開き驚愕の表情をする。

更に、サンドラーへと襲いかかる槍。

世界樹魔法 "魔守のトリネコ"

それはヴァンジャンスの魔法によって阻まれる。

「・・・ヴァンジャンス様・・・・・・!」

サンドラーは血を吐きながらヴァンジャンスの腕に抱かれる。

「何者だろうと・・・
私の団員を傷つけることは許されない・・・・!!」

ヴァンジャンスのゼノンを捉える瞳は怒りを含んでいた。

「・・・それが・・・
世界樹魔法か・・・」

土煙の向こうから、ゼノンの声が届く。

骨魔法 "無間骨牙"

「スペード王国の利益の為・・・
頂くぞ・・・!!」

ゼノンの体からは無数の骨の武器が発生している。

パキパキと不気味な音をたてて、それは延びてきていた。

その頃、襲撃から少し遅れてユノが鳥に跨がり空から現れた。

ユノの目が捉えたのは壊れた本拠地。

「みんなー」

ようやくたどり着いたそこには、破壊された建物と倒れる団員たち。

そこの中央にはクローバー王国の兵士が立っている。

「・・・お?」

兵士はユノに気付いて振り返る。

「遅れて出てきたハエが何見下ろしてんだ・・・!!」

その一言でユノの怒りの火をつけるのは容易かった。

「・・・オマエ・・・
オレの仲間に・・・」

ユノの風の魔力が動き出す。

「何してる!!!」

感情の乏しい彼が怒りのまま叫んで魔法を展開した。

ブラッククローバーの最新巻をU-NEXTですぐに読む

U-NEXTは31日間無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読めませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでオススメです!

ブラッククローバーの最新刊を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

ブラック・クローバー【最新話】235話の感想!

ついに動き出したクローバー王国。

大きな流れが生まれてしましたね!

そして、悪魔の力が100%ですらないという、、、(^^;

40%程度でも、団員の攻撃が歯が立たなかったですね。

ヤバイだろ、、、苦笑

ヴァンジャンスとゼノンの衝突は必至ですが勝てるのでしょうか?

そして、ゼノンが言ってたヴァンジャンスの世界樹魔法を『頂くぞ』という言葉。

どうやって?と思いましたが

兵士が悪魔の力が与えられたって言ってたので何かしら方法があるのでしょう。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.