最新話のネタバレ・感想

ブラック・クローバー【最新話】226話のネタバレと感想!

投稿日:

2019年10月28日発売日の週刊少年ジャンプ2019年48号で「ブラック・クローバー」の226話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はブラック・クローバー【最新話】226話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

これから「ブラッククローバー」のネタバレを含む内容をご紹介します。

ちなみに前話225話もまだ読んでいない場合はこちらで紹介しています。

ブラッククローバー【最新話】217話のネタバレと感想!ダムナティオの審判は?

2019年8月26日発売日の週刊少年ジャンプ2019年39号で「ブラック・クローバー」の217話を読んだのであらすじ・ネ ...

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

ブラック・クローバー【最新話】226話のネタバレ

ページ226「精霊守の魔法」

突如始まった闘い。

ガジャは字のようなものを纏ってノエル達の前に立つ。

そして、右手を掲げその手に左手を添える。

添えられた手は字を纏って、稲妻が生まれる。

「!」

ノエルは属性は雷だということは分かったがでは文字は何なのか説明が出来ない。

雷魔法"天疾亜音走(テンジオリア)"

ガジャの雷魔法は一直線にノエルを狙う。

速い!!!

けれどもヴァルキリードレスならかわせる速度だ。

ガジャの雷魔法をノエルはヒラリとかわす。

流石 第一域・・・しかしー

ガジャはそんな事を思うと、雷魔法は角度を変えてノエルを襲う。

「私の魔法にアナタに当たるまで追いかけるよう言い付けました」

ガジャは表情を変えない。

あれはハート王国独自の魔法の術式・・・!?

ミモザがガジャの魔法に驚く。

しかし、ガジャの雷魔法はノエルを捉える寸前で消える。

すぐさま別の攻撃魔法がガジャを襲った。

「ガジャさん!!
アスタさんを返してください!!
でないとアナタと戦うことになりますわー!!」

ガジャの視線の先にはミモザの植物魔法が攻撃展開していて、そこにフィンラルも居た。

(ミモザ様も三域程には成長されている・・・
あの空間魔導士は目に見える場所なら通り道を作れるといったところか・・・)

以前、国に来たときには出来ていなかったミモザの攻撃魔法。

フィンラルの考察も含めているガジャ。

「・・・少し・・・見せてあげましょう・・・
階域(レベル)の差を・・・!」

ガジャは右手を掲げると、彼の体に纏わりついていた文字は空へと向かう。

文字はそのまま円を描く。

円は魔方陣を生み出し魔方陣は雲を生む。

この魔力はマズイ。

ノエルの直感が告げる。

「自然の莫大な魔には人間は敵わない・・・!!」

雲は雷鳴を生み出し続けていた。

一方のアスタ。

水ので出来た鎧の戦士が沢山現れてアスタを襲う。

アスタも剣を掲げて応戦している。

次々と襲いかかる水の戦士をアスタは剣で凪ぎ払う。

凪ぎ払われた戦士は次々と水へと戻る。

滝の奥にある人影からはクスクスと笑い声がした。

「魔法を打ち消す・・・
それがアナタの悪魔の力ね・・・!」

周囲に落ちていた水がざわめき始める。

「・・・なんだ・・・!?」

水は大きな髪の長い女性へと形を成した。

「忌まわしいけど・・・
すごく使えそうだわぁ」

女性の耳は水かきのようになっており人外であるのは容易に想像できる。

「どうもぉクローバー王国の悪魔憑きくん
私はウインディーネ
ハート王国女王と契約している四大精霊の一人よ」

ウインディーネと名乗った精霊に応えるようにアスタの回りの水かさが増した。

「アナタすごいけど私の相手にはならないわあ」

ウインディーネの言葉の後にアスタの剣は精霊の魔力に引っ張られる。

「それにアナタ自身は一切魔力が無いのねぇ
魔力が無ければ九域以下よ」

水が一気に深くなり、渦を巻いてアスタを巻き込む。

「・・・キューイキ・・・!?
何ですかそれはァァァー!?」

「そっかあ
アナタ達の国では『魔導階域』使わないんだっけねぇ」

アスタの問いにウインディーネは指先を遊ばせながら階域と答えた。

「一番下が第九域で八域 七域・・・っていう風に
魔法の才能や実力をランクづけして測るの」

アスタはウインディーネの作った鎖に捕まり、水の底で地面と繋がられてしまう。

「一番上は第零域よ」

ウインディーネは微笑む。

外でガジャは雲から巨大な雷を作る。

真雷魔法"天蓋よりの奏轟(イリアル・アストラウザ)"

周囲を消し飛ばす程の巨大な雷を放って雲は収縮した。

ガジャが見渡す範囲ではノエル達の魔は感じられない。

フィンラルの空間魔法で逃げた事は想像に難くない。

その時、アスタは水の底で捕まるもネロが鳥の姿で潜る。

アスタの所で人間の姿に戻ったネロは魔法を展開。

「残念だけど
私達の力は才能だけでは測れない」

封緘魔法"逆解"

ネロはアスタの拘束を解く。

ウインディーネはネロの魔法に気づく。

同じ頃、ガジャのすぐ後ろで空間魔法が展開する。

植物創成魔法"魔花の道標"

ミモザが植物魔法を展開して位置を把握し伝達する。

空間魔法"堕天使の抜け穴"

フィンラルが空間魔法を開く。

水創成魔法

「悪いけど」

"海竜の咆哮"

「見せつけられっぱなしのまま引き下がれないわー!!!」

空間魔法からノエルの魔法がガジャを襲う。

水底のアスタはネロに解いて貰った拘束から抜けて走る。

反魔法はウインディーネに引っ張られるので反魔法をセーブする。

(氣の感じからそこに人がいるのは間違いないー
ということは空気もあるはず!!)

アスタが目指すのは、水で囲われた四角い空間。

「あっ・・・!」

ウインディーネがそれに気付いて声を上げるがそれよりも早くアスタは到着した。

「お邪魔しまァァァーーーす!!!」

アスタは四角い空間を剣で横に凪ぎ払いこじ開けた。

ブラッククローバーの最新巻をU-NEXTですぐに読む

U-NEXTは31日間無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読めませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでオススメです!

ブラッククローバーの最新刊を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

ブラック・クローバー【最新話】226話の感想!

いきなり始まった闘いですが、やっぱり予想通り
ガジャは強いですね(^^;

魔法のスケールが違いすぎて驚きましたが、、、

ハート王国独特のやり方なんでしょうか?

多分、自然の力を使ってるんだろうなっていうのは口調で分かります。

しかし、死線を潜り抜けたノエルたちは協力してガジャに対抗してきましたね。

そして、アスタの元に現れた水の精霊ウインディーネ。

口調は柔らかいですが、残酷ですね、、、笑

忌まわしいけど欲しい。

そんな言葉を落としました。

悪魔の力が欲しいのは精霊なのは分かりました。

ですが何故なのか。

まだ見えてきませんね(^^;

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.