最新話のネタバレ・感想

ぼくたちは勉強ができない【ネタバレ】問119.「時の遡行は過ぎ去りし[x]との邂逅となる」感想!

更新日:

2019年7月13日発売日の週刊少年ジャンプ2019年33号で「ぼくたちは勉強ができない」の問119を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事は、ぼくたちは勉強ができない【最新話】問119のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

ぼくたちは勉強ができない【ネタバレ】問119.時の遡行は過ぎ去りし[x]との邂逅となる

今週の姫は、真冬ちゃん(敢えて「先生」とは言えません)!

なんと、桐須先生は、人気投票で一位となりました!

んで、成幸くん、タイムトラベラーしちゃいます(笑)

真冬宅

今週は、桐須先生のお部屋からスタート。

無念…今度こそ1人でしてみようと思ったのだけど…

と吐露します。

なお、「掃除」、をです(笑)

それに対し、成幸君

いえよかったです 俺はてっきり強盗に襲われたのかと

と言います。

なにせ、いろんなものがぐっちゃぐっちゃ。。

タンスも倒れています。

そりゃね、、、成幸君もそう言いますよ

し、辛辣!

と言い返しますが、彼は現実を述べただけですよーーー(笑)

すると成幸君、あるものを発見します。

それは、「武樫野遊園地」のチケット。

昔潰れた遊園地のよう。

ただ、半券が付いているので、未使用のよう。

先生は、

フィギュアで忙しかったし、さほど興味なかったから忘れていたわ。

廃棄 捨てて頂戴

と成幸君に言います。

この券は、「ペア用」でした。

なので、恋人と行きたかったんじゃ?との疑問が。

それに対し、

いやそれは間違えて買っ…ってどうでもいいでしょ!

と慌てます。

そして、取り返そうと立ち上がると、倒れていたタンスにつまずきます。

お約束(笑)

で、胸を成幸君の顔に押し当てる形になります(笑)

そのまま倒れこみ、成幸君の頭は、倒れている他の棚の角に!!!!

チーーーン

キャー!!唯我君!?しっかりしなさい!!唯我君!大丈夫?返事を…唯我君!

と体を揺さぶりますが、、、

女子高生・真冬さん

気が付いた成幸君。

目の前にはおっぱいが(笑)

桐須先生の胸だと思い、

すっすいません先生!もう大丈夫で…

と伝えます。

けど、目の前には、見知らぬ女子高生。

謝罪…急いでいたものでぶつかってしまって ごめんなさい…

ん?ん? これは一体?

今俺 先生の部屋にいたよね…?それにこの女の子どこかで見覚えが…

確かに、見た目も、そして口調も、桐須先生っぽいですね。

すると、目の前の女の子は、

恐縮…不躾で申し訳ないのですけど ここにはどうやって行けばよいでしょうか…?

で、差し出されたのはチケット。

それも、先生の部屋で発見したチケットが使えたはずの遊園地の他のチケット。

かなり前に潰れている、ということを伝えようとした矢先、

早期発見!!もう逃がしませんよ!真冬姉さま!!レッスンをさぼるなど…この美春が断じて許しませんっ!!

と、女の子が猛ダッシュしてきます!

ん?真冬?美春?じゃぁ、、、

すると、真冬さんは、許してーと言いながら逃げていきます。

チケットを成幸君に預けたままです。

なので、成幸君は追いかけたようです。

武樫野遊園地にて

結局、武樫野遊園地に到着した2人。

感謝…結局案内までしたいだだいて

と言われている横で、昔潰れたはずの遊園地が目の前にあることにびっくりしている成幸君。

そこで、新聞紙が飛んできました。

その新聞の日付は、うん年前のものでした。。

これにより、タイムスリップしたことを確信した成幸君(笑)

ガクッと崩れ落ちます。

そして、隣の女の子の名前を聞くと、桐須真冬、とやっぱりな回答。

でも、物腰が柔らかくて、イメージが少し違います。

で、こういうところが初めてなので、一緒に回ってもらえないか、と頼まれます。

で、結局遊園地デートをする2人。

まず、ジェットコースターに乗る2人。

緊張している真冬ちゃんの横で、どうやったら戻れるか心配する成幸君。

すると、真冬ちゃんから、「先輩」と呼ばれます。

制服とネクタイとで、成幸君が自分と同じ学校の3年生だと気付いたみたい。

で、自分が2年生なので、成幸君は「先輩」との判断。

鋭い!!

そんな結論を話してくれる笑顔の真冬ちゃんを見て、成幸君は素直に「可愛い」と心で思います。

すると、横では、真冬ちゃんが「これはこういう仕様なのかしら」と安全バーを持ち上げているではないですか!!

成幸君は、この遊園地が潰れた原因を思い出しました。

それは、ジェットコースターの不具合で誰かがケガしたらしい、

まさか、、、、

慌てて真冬ちゃんの手を握る成幸君。

ジェットコースターは、そのままスプラッシュ!!

ヌレヌレの中、無事だったことに安堵する成幸君。

その横から、濡れて艶かしい真冬ちゃんから上目遣いで、

屈強…あの あまり強く引き寄せられると…その…

と言われます。

慌てて謝る成幸君。

成幸君の行動に感謝する真冬ちゃん🧡

係員から謝られる2人、そこから離れます。

すると、目の前に、

暗中模索!

と叫びながら姉を探す美春さんが!

彼女から逃れるために、近場の建物に入る2人。

そこは、お化け屋敷でした(笑)

中では、怖がりながらも、どうやって作っているか興味を持つ真冬ちゃん。

お化けさんの詳細を探索しています。

お化けさん、かわいそう。

出口付近に近づくと、ゴキさんが!!!

案の定、ビビりまくりな真冬ちゃん。

高校生の頃からゴキさんが苦手だったのですね(笑)

観覧車

その後、美春さんを避けながらも、遊園地を回る2人。

そして、2人で観覧車に乗っています。

外は夕日(なはず)。

歓喜…虚はとても楽しかったです。私一度でいいから遊園地にきてみたかったので…

と感謝します。

そして、

うちは少々習い事に厳しい家系でして…今日もあなたがいなかったら きっと連れ戻されていたと思います

だから ありがとう

と感謝の言葉を、少し遠い目で続けます。

すると、下から美春さんに見つかりました。。

あら 地上に着いたらタイムアップ…ですね

と観念する真冬ちゃん。

そこで、先ほどのコースターでの写真を見せようとします。

すると、風が吹き、ゴンドラが揺れます。

そして、真冬ちゃんの胸が成幸君の顔に、、、、そして、ゴンドラの壁に頭が、、、

意識が薄れる中で、

せ…先輩!しっかりしてください!

と聞こえます。

なんかデジャブ感。

そして、現代に戻ってきました(笑)

それも、桐須先生の膝枕!!!

桐須先生は涙顔で、成幸君を心配してました。

2分ほど気を失っていたそうです。

ふと視線をタンスの上にやると、コースターの写真が!

真冬ちゃんが落ちそうになっているため、成幸は隠れています。

レッスンを休んで行った時の写真、誰と行ったのかがなぜか思い出せない、とのこと。

先生は、先輩ともう一回行きたくて、チケットを買ったんですね。

にやける成幸君(笑)

チケット交換をテンパらずにできるかと失礼な質問をし、

はぁ!?当然でしょ ケンカ売っているのかしら?

とキレられて、今週は終わり!

ぼくたちは勉強ができない【最新話】119話の感想

人気投票1位の先生の高校時代、可愛かったですねーーー🧡

きついのもいいけど、物腰柔らかなのも結構、、、

さぁ、来週の姫は誰でしょうか??楽しみです!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.