最新話のネタバレ・感想

ブラッククローバーネタバレ【最新話】ページ246「グリフォトの樹」感想!

更新日:

本記事は『ブラッククローバー』【最新話】ページ246のネタバレと感想をまとめた記事になります!

 

※ネタバレ注意です

 

これから「ブラッククローバー」のネタバレを含む内容をご紹介します。

 

ちなみに前話ページ245もまだ読んでいない場合はこちらで紹介しています。

サムライ8八犬伝ネタバレ!【最新話】第15話「八丸の「義」」感想!

本記事は『サムライ8八犬伝』【最新話】第15話のネタバレと感想をまとめた記事になります!   ※ネタバレ注意で ...

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

前回までのあらすじ

ヤミとダンテはお互いのことを知っており、悪魔憑きであることを知っていましたが団員に手を出したため殺すことを決めていました。

 

引きずり下ろそうとダンテが”魔王の御前”で地面に下ろしますがヤミは膝を突かず反対に闇魔法”黒月”で領域内のダンテの魔法を打ち消します。

 

ダンテはそのヤミの強さを見て求めている冥域であることを実感していました。

 

ヤミはこの半年でユリウスには及ばなくても、マナゾーンと氣によって動きを先読みできるようになっていました。

 

そしてダンテの目的を尋ねると目的はヤミであり、彼が冥府と世界を繋ぐ鍵と称しました。

 

実際のヤミを見てむさ苦しく下劣とわかりその下に特異な団員が集まるのがダンテには謎でした。

 

ヤミはそんなダンテの言葉を吐き捨てて、黒月を自分の周りに凝縮させ”闇纏 居合斬り”でダンテを斬るのと同時に誰一人として連れて行かせないと宣言するのでした。

 

ブラッククローバー【最新話】ページ246ネタバレ!

倒れていたアスタは体の内側の悪魔の叫びが聞こえたのと同時に意識が戻りました。

 

そしてゴーシュの氣を感じ生きていることに安心し、ヤミの姿も確認しました。

 

斬られたダンテは悪魔の魔法を使い傷を塞ぎ、その魔法がダンテ自身のものとは違うことを他の黒の暴牛のメンバーも確認できるほどでした。

 

今まで誰もダンテの悪意を満たせる存在がおらず、ヤミがその世界を開いてくれる人と直感していました。

 

そしてこの世界と冥府を繋ぐものが”グリフォトの樹”という魔法の経路であり、それを生むのに必要なのが闇魔法とヴァンジャンスが持っている世界樹魔法だったのです。

 

それが繋がると今いる世界に向こうの悪魔が流れ込んできて、ありとあらゆる悪意で満ちる結果が待っていたのです。

 

その目的を聞いて改めてダンテを倒すことを決心しました。

 

一方スペード王国では漆黒の子と使徒の団員がクローバー王国のスパイが潜入しているかもしれないという話をしていました。

 

ダンテの部屋である人物を見つけた漆黒の使徒がその人物をスパイとわかり攻撃を仕掛けますが、次の瞬間にその使徒の影の中から手を伸ばしあっという間に引きずり込んでしまいました。

 

そのマントから見えたのは黒の暴牛のエンブレムでした。

 

ブラッククローバーの最新巻をU-NEXTですぐに読む

U-NEXTは31日間無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読めませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでオススメです!

ブラッククローバーの最新刊を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

 

ブラッククローバー【最新話】ページ246感想!

ダンテへのヤミの攻撃は命中しダメージを与えますが、悪魔の魔法で回復を許してしまいました。

 

このダンテを倒すには強力な一撃必殺で倒さないと回復をされてしまいます。

 

ダンテの目的を聞いたヤミはそれを阻止すべく決意を新たに戦いへ臨みます。

 

ヤミは現在交戦中ですが、残るヴァンジャンスは無事なのでしょうか?

 

世界樹魔法と闇魔法の関係性がこのグリフォトの樹について大きく関係している理由は何なのでしょうか?

 

そしてスペード王国のダンテ宅に潜入している黒の暴牛のエンブレムを身につけた影魔法の使い手は一体誰なのでしょうか?

 

現在黒の暴牛に影魔法を使える人物はいないため、新たな団員か昔にヤミがスカウトしてきた団員なのでしょうか?

 

 

 

 

 

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.