無料でマンガを読む方法や最新話のネタバレ・感想を紹介しています。

無料マンガ別冊GEKIコミック

最新話のネタバレ・感想

あひるの空【最新話】616話のネタバレと感想!

更新日:

2019年4月18日発売日の週刊少年マガジン2019年20号であひるの空の616話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はあひるの空【最新話】616話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

横浜大栄の強さは、残った者だけが強者であるが酒巻監督からチーム全体に伝わっていて個々の能力が優れた集団となった。

その中で、背丈が小さいながらも残った鷹山は、空のスリーポイントシュートを見て、静に次ぎは外さないと宣言するのであった。

あひるの空【最新話】616話のネタバレ

強気な発言をした鷹山であったが、静にふざけるなと言われるが、八熊にどんどん打っていけ、ポジション取りが楽になると鷹山に言った。

試合場面から変わり、酒巻監督の過去へ。

空の母である由夏から酒巻監督に連絡がいき、なんとか会って欲しいとお願いすると泣く泣く引き受けした酒巻監督であった。

バスケの練習している会場に行くと、コートの隅で一人体育座りをしている鷹山が居た。

酒巻監督は、鷹山に対して来るものは拒まないし去る者は追わない主義だと言い、その場を立ち去るも何故あの時、可能性に期待をしたのか自分でも不思議であった。

由夏はあの時に、自分に似ているというか、あの日の空が青かったから空を飛べると思いバスケを教えてあげようと思ったと言う。

試合に切り替わり、鷹山はスリーポイントシュートを放ち見事ゴール奪う。

どうやら、ポジションに付く前にシュートをしているので九頭高は、中々防げない様子。

しっかりと空がスリーポイント決めて来ると鷹山もスリーポイントで返した。

あひるの空【最新話】616話の感想!

過去の回想シーンがちょこちょこ入り、鷹山が何故、空と似ているのかがしっかりと明かされてきました。

空も鷹山には対抗があるので、これから点取り合戦になることは間違いないですが、2人の勝敗の決め手となることが過去にありそうな感じです。

それぞれのマッチアップの展開も気になりますが、何話かは、空対鷹山でストーリーが進んでいきそうな感じがします。

次週は、合併号なので期待できそうです!

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.