無料でマンガを読む方法や最新話のネタバレ・感想を紹介しています。

無料マンガ別冊GEKIコミック

最新話のネタバレ・感想

彼女、お借りします【最新話】97話のネタバレと感想!

投稿日:

2019年7月3日発売日の週刊少年マガジン2019年31号で「彼女、お借りします」の97話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事は彼女、お借りします【最新話】97話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

彼女、お借りします【最新話】97話「彼女と僕にできること6」ネタバレ

お台場に来たワケは・・・

釣り掘りを出て お台場海浜公園に来た2人。

時間は夜。辺りは暗くなってきました。

デートの”終着駅”にふさわしく イルミネーションもあり。

墨ちゃんは階段に腰掛け 和也に座るよう促します。

「あっそうだね 座ろうか
お台場かー 初めて来たな〜」

2人は並んで 座りました。

『お台場が 墨ちゃんのおもてなしプラン
制服に始まり 魚尽くしに お台場イルミネーション
釣りは下見までして・・・』

和也は今日を振り返って なんでそこまで?と疑問に。
献身的な墨ちゃんに 和也はちょっと違和感を覚えます。

ふと周りを見ると カップルばっかりなのに 和也は気付きます。

『なんだこれ? 夜のお台場ってこうなのか!?
見渡す限り エロいカップルのお花畑
墨ちゃんも 異常に 顔真っ赤だし・・』

そう思っていると 墨ちゃんが和也の方へ寄ってきました。
「か・・・かずやくん・・・」

『す、すみちゃん 声出た!!』びっくりした和也。
「何墨ちゃん? もう帰る?」

周りはカップルだらけで 自分たちはレンタルの関係。

居づらいと思ったのは 当然だろう。

てっきりそうだろうと 思った和也ですが
墨ちゃんは 首を横に振りました。

『帰りたくないってこと!? なんだ!?
この異常に 照れた表情 言いづらそうな空気・・・
まさか お台場に来たのは 意味が・・・!?』

和也の頭の中は 妄想でいっぱいに!

『まさか墨ちゃんに限って・・・』

いきなり 墨ちゃんが立ち上がりました。

和也は心の中で『ぎゃーっ』と叫びます。

見ると墨ちゃんは 和也に何かを差し出していました。

「え?」
「お誕生日 おめでとう・・・」

墨ちゃんは リボンをかけた包みを 和也に渡しました。

「お、俺の? ありがとっ 開けていい?」
頷く墨ちゃん。

『誕生日プレゼント? 墨ちゃん俺のために・・』

和也は以前 墨ちゃんに自分の誕生日のことを 話したのを思い出しました。
覚えててくれたんだ・・・和也は嬉しくなります。

「サマーニットの帽子? オッシャレ〜!
かぶりこなせるかな〜!?」

和也は プレゼントの帽子を かぶって見せました。

またまた頷く墨ちゃん。

和也は心の中で 『エロい妄想してごめん・・』
墨ちゃんに謝りました・・・。

墨ちゃん”壁”になる

そこで和也は気付きました。

『そうか! 今日1日 おもてなしって 俺の誕生日
今日は”練習”を兼ねた 個人的なお祝い・・・
どんだけ いい子なんだよ・・・』

和也は嬉しくて つい目がうるっとします。

墨ちゃんはこれで目標達成したのか ちょっと抜け殻状態。
その間ドキドキしたり 気をつかったりしたので 無理もないでしょう。

『にしても 墨ちゃん成長著しいな・・
はじめは 挨拶すらできなかったのに・・・

制服着て ”おもてなし”って言い出した時は
何が始まるのかと 思ったけど
結局すげー 楽しかったし・・・』

和也は今日の墨ちゃんを見て しみじみ思いました。

でも自分はどうなのか 考えてしまいます。

ルカちゃんのこと
水原の祖母のこと
千鶴のこと

彼女たちは 強い気持ちで 対応しようとしています。

結局何も進んでないのは 俺だけだ・・・
和也は ぼんやり 感じていました。

和也の考え込む顔を見て 墨ちゃんはスマホを取り出します。

『何かあった?』
そうメモ帳に打ち込んだ スマホの画面を
墨ちゃんに 見せられました。

「えっ?」
やばい・・・顔に出てた・・・和也は焦ります。

墨ちゃんは真剣な表情です。

和也はどうしようか迷いました。

『墨ちゃんになら・・・
いやっ でもダメだ 水原言って欲しくねーかも・・』

「何も 何もないよ 平気!」

和也は慌てて 墨ちゃんに答えました。

「・・・・」

墨ちゃんは 以前の和也との会話を 思い出します。

『壁打ちの”壁”だと思って 気楽にやってくれ
優しいコが レンカノに向いてないわけないよ』

そして今日の イルカショー後の会話も。

『君が楽しそうにしているだけで 最高の”おもてなし”だよ』

墨ちゃんは和也の手を ぎゅっと握りました。

「!」

「聞きたい・・・”壁”の番 今度は私が・・・」
「墨ちゃん・・・」

墨ちゃんの思い切った行動に
和也は 驚いていました・・・。

彼女、お借りします【最新話】97話「彼女と僕にできること6」の感想

サブタイトル「彼女と僕にできること」も 6まで来ました。

墨ちゃん完璧な”おもてなし”です! すごいですね〜

和也はこの流れだと 一連のことを話してしまうのでしょうか?

墨ちゃんは”壁”として どう対応するのか?

”おもてなし”も ラストが見えてきましたね!

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.